体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDAL、5回目となる「コピーバンド/ヴォーカリストコンテスト」を開催

SCANDALがガールズバンドのさらなる盛り上がりを願って2010年から毎年開催し、今年で5回目となる「第5回SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト」のファイナルが、12月14日(日)に品川ステラボールで開催された。

12月14日(日)@品川ステラボール(SCANDAL) (okmusic UP's)

2010年の1回目のコンテストでは、応募総数352組とこの旨のコンテストの応募としてはかなり多く、年々その応募総数は増え(2回:486組、3回:510組、4回550組)、今年は過去最高の614組を超える応募が寄せられた。二次審査も昨年までの東京・大阪のみの二次審査会場から、今回は福岡と名古屋も加わり、4都市で開催。厳正なる審査を通過した7組の女子中高生ガールズバンドが、去年の渋谷AXから品川ステラボールへと拡大した舞台で決勝へと進んだ。コピーバンドコンテストには1,200名のオーディエンスも集まり、応募期間の夏休みから練習を重ねてきたファイナリストたちの最終決戦が遂に開幕! 審査員にはSCANDALも加わり、パフォーマンスを見守った。

オープニングアクトには、昨年グランプリに輝いた福岡県久留米市出身の7人組中高生ガールズバンド、KANIKAPILA(カニカピラ)が登場! グランプリ受賞から地元・福岡を中心に活動し、FM FUKUOKAでレギュラー番組も持ち、インディーズでリリースしたファーストミニアルバム『カニカピラ』が地元を中心に着実に注目を集めている。そして、いよいよ2月25日にはメジャーデビューも決定した。この日、初めて本人たちからメジャーデビューの報告があり、同郷の大先輩である藤井フミヤ作詞・藤井尚之作曲のデビュー曲「イッちゃえ!I LOVE YOU!」をお揃いのチェックの衣装で披露。作詞を担当した藤井フミヤは「同郷のガールズバンドがデビューするということで、藤井兄弟で曲を作りました。メンバーはまだ中3 と高1という若さですが、演奏も唄も上手くて驚きました。これから彼女たちがどんなバンドに育っていくのか楽しみです」と応援コメントを寄せ、作曲の藤井尚之も「自分の若かりし頃を思い出し、青春まっただ中を音楽で謳歌している姿がとても微笑ましかったです!!」と温かいエールを送った。

いよいよファイナリスト7組のパフォーマンスもスタート。1組目のN-pop project(ネポッププロジェクト)は福島県から参加したガールズバンドで、バンドを始めたきっかけは震災の影響によって外で遊べなくなる中、SCANDALの楽曲と出会い、結成したそうで、楽器歴1年でファイナルに進出。今回のファイナリスト最年少となる中学1年生ながら「瞬間センチメンタル」を堂々とトップバッターとして演奏した。2組目のR-glay(アールグレイ)は京都出身の6人組。進学校に通いながら勉強と両立し、ファイナルに進出。現在高校2年生で来年は受験を控え、今年にかけた挑戦で「Rock’n Roll」を披露した。3組目の神戸出身、RANK(ランク)は昨年ファイナルに進出しながらもグランプリには一歩届かなかった想いを胸に、珍しい選曲ながら「Shining Sun」を堂々のパフォーマンス。4組目は、大阪出身で、SCANDALもデビュー前にストリートライヴをしていた城天でライヴをしているHi-Dear(ハイディアー)で、結成半年ながら毎日練習を重ねた「welcome home」を披露し、安定感抜群のパフォーマンスで会場を沸かせた。

5組目の群馬出身、Limit.(リミット)は念願のファイナル出場。去年と同様に「会わないつもりの、元気でね」を選曲し、成長した姿を見せた。6組目の東京会場から勝ち残ったひかほりっくは、去年まで別々のバンドとして二次審査やファイナルに進出していたメンバーで、グランプリを獲るために結成した3 ピース。バンドのグルーヴ感が必要な「Hi-Hi-Hi」を選曲し、迫力ある演奏力で会場を盛り上げた。7組目となる神奈川出身のwinry’s(ウィンリーズ)は、現在中学3年生の彼女たちは中学1年生よりいっしょにバンドをやってきた仲間とあり、息の合ったパフォーマンスで「カゲロウ」を披露。昨年コピバンコンテストに出場した軽音楽部の先輩たちから譲り受けた衣装を着ての参加となった。今回はSCANDAL楽曲の中でもアルバム収録のマニアックな選曲が多く、女子中高生の根強いSCANDAL人気を感じられるファイナリストたちの演奏だった。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。