ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真壁刀義が称賛を連ねた祇園のはんなりスイーツ! 宝石箱のような手作りおはぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月11日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前8時)で、「うまいッス!!」のコーナーで、「中学生真壁&本間が行く“京都スイーツ修学旅行”!」と題して、プロレスラーの真壁刀義さんと本間朋晃さんが、京都祇園エリアの一角にあるおはぎ専門店「小多福」(京都府京都市)を訪れた。

 同店は齢75歳になる店主が一人で切り盛りしている店だ。父の大好物だった「おはぎ」の味を広めたいとの思いから、70歳の時に同店を開いたという。毎朝手作りで提供されている「おはぎ」は、「あずき」、「梅肉」、「青のり」、「きなこ」、「黒ごま」、「古代米」、「青梅」、「白あずき」の全8種類を取り揃えている。

 真壁さんは、まず定番の「あずき」から食すると、「口に入れた瞬間、塩味がピリッと効いている。塩加減が絶妙だね! ものすごく甘さを引き立てていると思います」とコメント。次に赤い「梅肉」を食すると、「梅の香りが嫌味にならない、同時にその酸っぱさを和らげるのがあんこの甘さ。いい塩梅だ!」と称賛を連ねた。続いて「青のり」を食すると、「すごくおいしい!青のりの香りが鼻から抜けて、口の中にあんことおはぎのうまさが残る。」とその美味しさに驚いた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:小多福(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:祇園のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:祇園×カフェ・スイーツのお店一覧
真壁刀義が称賛を連ねた祇園のはんなりスイーツ! 宝石箱のような手作りおはぎ
真壁刀義と本間朋晃が舌を巻いた 大人気の新感覚京洋菓子「祇園フォンデュ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。