ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小渕優子氏 禊が済んだのか選挙戦序盤の涙から余裕の笑顔に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自民党大勝利で終わった総選挙だが、苦戦を強いられていたのが、政治資金疑惑で辞任に追い込まれた小渕優子・前経産相。

 ところが、「必ず説明責任を果たして、一から出直します」と反省の言葉は同じでも、自民党が楽勝ムードになると小渕氏の態度は大きく変わった。

 公示日の出陣式にはビールケースのお立ち台にパンプスを脱いで登壇し、涙を流して深々と頭を下げて見せたが、選挙戦6日目(7日)になると「もう負けっこない」と自信がついたのか、スニーカーを脱ぐのも忘れて笑顔でお立ち台にあがった。

 禊はもう終わったのか。毎日朝8時から夜8時まで地元40か所を回り、ドブ板もすっかり板に付いていた。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「勝敗ライン」
小渕優子は非難せず 大メディアの「小沢献金」批判は支離滅裂
細川氏出馬宣言に自民党色の緑ネクタイで臨んだ小泉氏の真意

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP