ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本近海の鰹を使用した1万円の超高級ふりかけ 1日10個限定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小林食品株式会社が発売している『思わず舌鼓「口どけ」』(30g×2個セット)は、原料に日本近海で獲れたかつおのみを使用した、かつお節の最高級品「本枯節血合い抜き」のふりかけ。その小売価格はなんと1万円(税抜き)だ。

「日本近海のかつおは一般的に生食用。希少なかつおを使用したかつお節は深い香りと独特の旨みが特徴。おいしさの秘密はかつお節の『薄さ』にあります。ふりかけにするかつお節を、コピー用紙の約10分の1の薄さにあたる約10ミクロンに削ったのち、秘伝のたれを手作業でからませていく。6人の職人が手作業で作っているため、1日10個の限定販売です」(小林食品・川口剛さん)

 パッケージを開けると、かつお節の香りがあたりに広がる。口に入れた瞬間にふわっと溶けてなくなる食感は、綿あめのようだ。その直後、調味料の雑味が全くない、かつお本来の優しい旨み、香りが口いっぱいに広がる。思わず顔がほころぶ逸品だ。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
池上彰氏 代替燃料の切り札「燃える氷」きれいだったと感想
山崎豊子氏遺作は戦争しない軍隊・自衛隊を描いた未完の大作
長野県塩尻市内の小中学校の給食が商品化「キムタクごはん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP