ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スキャナーにもなるマウス!しかもワイヤレスで持ち運びラクラク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

普通、“マウス”といえばパソコンの画面操作のためのツール。ただ、そんな認識が変わるかもしれない。

スキャナー機能ももつワイヤレスマウス

香港の「Design To Innovation (DTOI)」が開発しているマウスは、ただの操作用ツールではない。内部にミニスキャナーが搭載されている、WiFi通信機能付きのワイヤレスマウスなのだ。

この「Zcan」マウスには、Dacuda SLAM Scanのテクノロジーが使われており、ユーザーは好きなときに、本のテキストやレシピ、雑誌の写真などの画像をスキャンできる。しかも、スキャンしたデータを後ほど編集したり、検索できるようにしたりもするという。

WiFi通信を使って、スキャンしたと同時にリアルタイムでモニターにスキャンデータを表示。スキャンデータはそのままセーブすることも可能だ。

スキャンデータはExcel、Word、JPG形式で保存可能

スキャンされたデータは、Excel、Word、PDF、TXT、JPG、TIFF、PNG、BMPのフォーマットで、画像は最大400dpiの画質で保存できる点もまた大きな魅力。スキャンしたデータをそのままExcelやWordデータとして貼り付けることができるのだ。手入力でのコピー作業に比べると、飛躍的なスピードが実現することだろう。

またこのマウスには、Optical Character Recognition (OCR)という機能があり、Googleの翻訳ツールを用いて、199を超える言語において、スキャンしたワードを別言語に翻訳する便利な機能も用意されている。

マウスは再充電可能なリチウムバッテリーで動作し、ワイヤレスなので持ち運びもラクラク。iPad、Macbook、タブレットやノートパソコンなど、さまざまなデバイスに対応している。Windows 7、8、Mac OS X 10.6以降、第3世代以降のiPad、第2世代以降のiPad Miniで動作し、iPhone 5、5Sは年内中には対応予定だという。

この「Zcan」は今夏、資金調達プラットフォームIndiegogoで目標額の3.7倍の投資資金を集めた。

Zcan

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP