ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寒い日「ただいま~」のあとはコレ♡ とろけるホット習慣

DATE:
  • ガジェット通信を≫


冬になると、ホットチョコレートを提供するお店をよく見かけまね。コーヒーや紅茶では満たせない、まったりした味わいが恋しくなりますよね?
そんな気持ちを、寒い日におうちで満たしてくれるホットチョコレートを紹介します。

おうちをチョコレートカフェに


ニューヨーク発のチョコレートブランドMarie Belle(マリベル)』では、自宅で楽しめるホットチョコレートが発売されています。
定番のダークから、ヘーゼルナッツが香るものやスパイシーなものまで種類も様々。おしゃれな缶は部屋に置いても存在感抜群です。
これからますます肌寒くなる季節。彼氏や友だちに、ホットチョコレートを入れてあげると喜ばれるでしょう。
チョコレートのいい香りがたちこめたら、いつもの部屋が一気にチョコレートカフェになっちゃいます。

その日の気分で、いろんなホットチョコレートを楽しもう


今日はチョコレートが濃厚なのが飲みたい。あるいはあっさりめがいいなど、その日によって食べたいチョコレートの気分も違いますよね。
マリベルのホットチョコレートは数種類のレシピがついてるので、その日の気分でいろいろな飲みかたを試してみましょう。

アメリカンスタイル:ミルクをたっぷり入れて薄めのテイスト。
ヨーロピアンスタイル:お湯で割り、チョコレートの濃厚な香り漂う。
モカチーノ:ミルク+エスプレッソを入れて贅沢気分が味わえる。

今回は一番シンプルな「アズテック」をベースに、アメリカンスタイルで作ってみました。ミルクがたっぷり入っているとはいえ、チョコレートがしっかり味わえる本格派。
とろりとした飲み口に、部屋いっぱいに広がるカカオの香り。まるでお店で飲んでいるかのような気分に♪ 心も体も温まります。
リキュールやホイップクリームなどを加えて自分なりにアレンジしてみるのもありですね。ダークやホワイトなど数種類のホットチョコレートを揃えて、相手の好みや気分に合わせて作ると、あなたへの好感度も上がるかも。
寒~い冬は、ホットチョコレートで甘~いひとときを!


(グリッティ)記事関連リンク
気分は森林浴。ハンドメイドチョコレートでリラックス~♪
名前も見た目も味もドンピシャ♡ パリの風が吹くショコロン
レンジで簡単。自作の「バナナジャム」で朝食をグレードアップ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。