ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

思わずかじりつきたくなる? 「メロンパンのベレー帽」が話題に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 メロンパンにそっくりな「メロンパンのベレー帽」がネット上で話題になっている。

 同商品は、焼き立てのパンをイメージしたハンドメイドパン雑貨店「マリさんベーカリー」が製作・販売するもの。ネットニュースで配信されるとたちまち話題にのぼり、Twitter上では「ハイパーかわいいな」「これパン業界にとっても帽子業界にとっても衝撃でしょww」「被り物も、メロンパンも好きなわたしとしては…被るしか道はありません…」などの声が寄せられている。

 思わずかじりつきたくなるような、ふわふわ&サクサクな見た目のメロンパンのベレー帽。なぜ製作しようと思ったのか「マリさんベーカリー」に話を聞いてみた。

 「2008年からパンの形の手作り雑貨を作っていますが、あんパンやチョココロネなど、ほかのパン雑貨もある中で、最初から一番人気だったのが”メロンパン”でした。でも、当時はポーチやがまぐち、携帯ストラップしか展開していなかったんです。そこで『メロンパンの雑貨を身に着けられたらなぁ』と考えた結果、あの丸みと平べったい形体から、”ベレー帽”にそっくりじゃないかと思い立ったのがきっかけでした。私自身もそんな帽子をかぶってみたくて、この”メロンパンのベレー帽”が誕生したんです」

 帽子作りは初めてだったそうで、10個、20個と山盛りの失敗作ができるほど試行錯誤を繰り返し、ようやく誕生した同商品。とくに苦労したポイントはどこだったのか。

 「まずは、メロンパン特有の”網目模様”です。帽子にしたときの立体的な状態で、網目模様が自然な形で入るにはどうすればいいのか、網目模様を入れつつもふっくらした丸みを出すためにはどうすればいいのか、何度も試作を重ねました。もうひとつは、こんがりした焼き色です。美味しそうな焼き色を見つけるまで、画材店にある茶色の画材を片っ端から試しに塗ってみたりして、納得のいくものができるまでに、とにかく時間がかかりました」

 ネットでの大きな反響については、「正直なところ、こんなに反響があるとは思いもせず、戸惑っているところです」と明かす。「たくさんの方から『欲しい!』というお声をいただき、ただただびっくりしています。でも、パン雑貨のかわいさや楽しさをわかり合える仲間が見つかって嬉しいです」と話す。

 最後に「私と同じように”メロンパンが好きな方”や、”こんがり美味しそうなものが好きな方”に『そうそう、こういうのが欲しかったんだよ!』と共感して、喜んでいただけるものを作っていきたいです」と今後の展望も語ってくれた。

 同商品はMサイズ(57cm)とLサイズ(60cm)の展開で、価格は5400円(税込)となっている。

■関連リンク
バンギャル大歓迎のカフェが開店
「昆虫料理レシピ本」編集者に直撃
メンズブランドにキティちゃんのワケ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP