ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幻のムーミン・アニメのDVDが発売&劇場上映決定、ビョークが主題歌を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年2月には新作アニメの公開も控え、ますます盛り上がるムーミン。作家生誕100年を迎えるメモリアルイヤーを迎えた今年、新たな映像作品の発売&上映が決定した。

今回発売が決定したのは、1978年~82年にポーランドで制作・放送されたパペット・アニメーション。ポーランドの他、ドイツで放送された後、イギリス、そしてフィンランドで放送され、高い評価と人気を博した。制作陣が何度もトーベのもとを訪れ、またトーベ自身もポーランドにおもむき、制作・監修に深くかかわったと言われるこの作品が、制作から約30年が経った2010年に再編集され、カンヌの映画マーケットでお披露目された。しかし、その後日本で公開される機会がなく、ムーミンファンの間では「幻の作品」とされてきた。

恐ろしく美しく「豊かな色彩」で作りこまれた背景に、丁寧に作られた小物、主にフェルトで作られたパペットが印象的で、自身、ムーミンのパペットづくり、ムーミン谷のジオラマづくりに没頭していたという、原作者のトーベ・ヤンソンと、パートナーであるトーリッキ・ピエティラが自ら作ったパペットを参考にして作られ、トーベ自身がとても愛していた作品と言われている。

主題歌は長年ムーミンのファンだったというアイスランドの歌姫、ビョークが担当。DVDには特典映像として、ビョークのムーミン仕様のミュージックビデオも収録も決定している。

日本でのDVD発売にあたっては、日本語吹替え版も製作され、「楽しいムーミン一家」のメインキャストが勢ぞろい。また、DVDは通常版と数量限定版の2種類が発売。数量限定の愛蔵版には、彗星の地球衝突という巨大な不安から、グラス1杯のレモン水をのむことでひとときの開放を得る、というシーンにちなみ、「ムーミン谷の彗星 オリジナルグラス(2種・絵柄違い)」が封入される。

2015年1月31日より開催されるトーキョーノーザンライツフェスティバル 2015ではプレミア上映も決定した。

2月9日(月)14時
2月11日(祝)11時30分

詳細はHPでご確認ください(東京渋谷・ユーロスペース、www.eurospace.co.jp/

■2月28日(土)よりシネ・リーブル池袋にてロードショー公開!
初夏シネ・リーブル梅田を始め、全国順次公開を予定しています。
劇場公開公式HP http://moomin-suisei.com/

ムーミンDVDオフィシャルHP
http://www.hihirecords.com/moomin-suisei/

発売作品概要
2015年2月6日
【数量限定盤】
劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション 数量限定版
(ムーミン谷の彗星 オリジナルグラス2個付き)
品番:VIZG-5008 価格:4,980円+税
*数量限定版は、「ムーミン谷の彗星」オリジナルグラス2個付き&デジパック外箱付BOX仕様。

【通常版】
劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション 通常版
品番:VIBG-5081 価格:3,500円+税

<日本語吹替え版 声の出演>
ムーミントロール:高山みなみ ムーミンママ:谷育子 ムーミンパパ:大塚明夫 スニフ:中尾隆聖
スナフキン:子安武人 ナレーション:白鳥英美子

<STAFF>
製作:トム・カーペラン/監督:マリア・リンドバーグ/原作:トーベ・ヤンソン「ムーミン谷の彗星」(講談社刊) 主題歌:ビョーク “The Comet Song”

<DVDスペック>
カラー/16:9/片面1層/75分
音声4か国語収録:日本語 / :英語 / スウェーデン語 / :フィンランド語
ドルビーデジタルステレオ 字幕:日本語

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP