ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

德永英明「VOCALIST 6」初回盤Bに「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」をカヴァー収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シリーズ累計600万枚突破、1月21日にリリースする德永英明のVOCALISTシリーズ第6弾「VOCALIST 6」の初回限定盤Bのボーナストラックに「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」が収録されることが決定した。

「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」は、今年を代表する大ヒットディズニーアニメ「アナと雪の女王」の主題歌で、日本版劇中歌として松たか子、エンドソングとしてMay.Jの楽曲が大ヒット。映画とともに、世界的な大ヒットソングとなっている。

その楽曲を、カヴァーアルバムVOCALISTを2005年にリリースして以来、レコード大賞企画賞受賞や、オリコンチャート4週連続1位、200週連続チャートイン、など数々の金字塔を打ち立て、シリーズ累計では前人未到の600万枚という驚異的なセールスを記録しているヴォーカリストシリーズをリリースしている德永英明のカヴァーが決定。

今まで数々の名曲を、癒しの効果があるといわれている“1/fゆらぎ”声で更なる名曲へと生まれ変わらせてきた徳永が、満を持してミリオンセラーを記録した国民的楽曲をカヴァーする。アレンジは、立ち上げからVOCALISTシリーズの編曲を担当している坂本昌之氏。今回のアレンジは、原曲の力強いメロディーを生かしつつ、ガットギターが印象的な德永らしいVOCALISTのアコースティックな世界観に仕上がっている。

この楽曲は、2015年1月21日に発売される「VOCALIST 6」の初回限定盤Bのボーナストラックとして

収録される。これはファンのみならず必聴の1曲になること間違いなしです。

徳永本人コメント

Let It Go~ありのままで~

基本VOCALISTは、過去にヒットした曲でその原曲に敬意を表し
制作してゆく!それがテーマとなっています
ですが「Let It Go~ありのままで~」は今現在ヒット中の楽曲

この制作は僕の抵抗から始まった唯一のVOCALISTなのです

といいながら超本気!
レコーディングの半ばでVOCALISTだから大人っぽく歌ってみたのを
アナと雪の女王を観た人たちに聴いてもらったところ
「これはありのままでーではない、全然希望が湧いてこない前向きではない!」
そこで本家を何度も聴き、テレビで歌っている人の歌う姿も見て

そうか声を当てにいってはだめなんだ
これは、ぶつけにいかないとだめなんだ
VOCALISTは声を当てていくという感覚で歌ってきていたので
これは初めてのチャレンジ

そんなこんなで出来上がった「Let It Go~ありのままで~」
最後の歌入れのときにいた全スタッフに満足感が漂っていたと思っています

VOCALIST特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/tokunaga/vocalist/

リリース情報
アルバム「VOCALIST 6」
2015年1月21日発売

初回限定盤A(CD+DVD) UMCK-9714 4,200円+税

初回限定盤B(CD+ボーナス・トラック) UMCK-9715 3,200円+税

通常盤(CD) UMCK-1505 3,000円+税

収録曲
1. さよならの向う側(作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童)
2. Woman “Wの悲劇”より(作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂)
3. サンキュ.(作詩:吉田美和 作曲:吉田美和/中村正人)
4. 寒い夜だから…(作詞・作曲:小室哲哉)
5. 桜色舞うころ(作詞・作曲:川江美奈子)
6. 風立ちぬ(作詞:松本隆 作曲:大瀧詠一)
7. スローモーション(作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお)
8. やさしい悪魔(作詩:喜多條 忠 作曲:吉田拓郎)
9. 想い出のスクリーン(作詞:三浦徳子 作曲:八神純子)
10. かもめが翔んだ日(作詞:伊藤アキラ 作曲:渡辺真知子)
11. 告白(作詞・作曲:竹内まりや)
12. 春なのに(作詞・作曲:中島みゆき)
13. ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ(作詞・作曲:松任谷由実)
初回限定盤Bのみ収録※ボーナストラック
14. 花は咲く(作詞:岩井俊二 作曲:菅野よう子)
15. レット・イット・ゴー ~ありのままで~(作詞・作曲:Kristen Anderson-Lopez/Robert Lopez /日本語詞:高橋知伽江)

関連リンク

徳永英明 オフィシャルサイト:http://www.tokunagaandtonys.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP