ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10分で完成! 簡単かわいいダンボールツリーの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダンボールは、あらゆる工作に使える便利アイテム。ダンボールを使えばこの時期のマストインテリア、クリスマスツリーだってリーズナブルに自作できてしまうのだ!

段ボールでクリスマスツリー、作ってみない?

そこで、実際に作り方をご紹介しよう。用意するもの

ダンボール
定規
折り紙
カッター
コンパスカッター
カッティングマット
鉛筆
のり

上記の材料のなかで馴染みが薄いものといえば、コンパスカッターくらいだろうか。これは、半径を定めて、紙を円形に切り抜くことができるアイテム。筆者は100円均一ショップで購入した。作り方

1. ダンボールを三角形に切り抜く

まず、ダンボールに鉛筆と定規でお好みのサイズの二等辺三角形を描き、カッターで切り抜く。切り抜いた三角形を型にして、さらにもうひとつ三角形を描き、同様に切り抜こう。

2. 三角形に切れ目を入れる

2つの三角形を組み合わせるため、上下に切れ目を入れる。この際、切れ目の長さはそれぞれを合計して、ひとつの三角形の高さと同じになるように調整しよう。

3. 折り紙を円形にカットする

好きな色の折り紙を選んで、コンパスカッターで円形にカットする。カットした折り紙がツリーの飾りになる。

クリスマスカラーといえば赤と緑が定番だが、いろんな色があってもカラフルで楽しい。カッターの半径を変えて、円の大きさを工夫するのもいいだろう。

4. 三角形を組み合わせて、折り紙で装飾する

切った折り紙の裏面にのりをつけて、ダンボールにペタペタと貼っていく。

これで完成! シンプルイズベスト!

ちなみに、ここまでの所要時間は約10分。慣れるとさらに時間短縮できる。

型や装飾を工夫すれば、同様の手順でさまざまなバリエーションのツリーを作ることもできる。ダンボール製といっても侮るなかれ、たくさん並ぶとポップでおしゃれな雰囲気が出てくるのだ。

小さなお子さんのいる家庭であれば、手軽に親子工作が楽しめるので、冬のおうち遊びとしてもオススメ。いびつなツリーが生まれたとしても、それはそれで味わい深い。

工夫次第では、部屋のインテリアとして十分活躍するダンボールツリー。興味のある方は、ぜひお試しあれ!

(根岸達朗+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP