ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツのクリスマスマーケットに行ってみよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリスマスも間近。凍てつく寒さのドイツでは各地でクリスマスマーケットが開催されています。街ごとに趣きも違い、クリスマスマーケット巡りができてしまうほど。

中でもオススメは、世界的にも有名なニュルンベルグや、最古のクリスマスマーケットと言われるドレスデン。

趣きある旧市街地で開催されるニュルンベルグのクリスマスマーケットには、ファミリーにオススメのおもちゃの露店が並び、メリーゴーランドもある「子供クリスマスマーケット」のエリアもあります。

ドレスデンのクリスマスマーケットはドイツの中でも最も歴史が長く、今年はなんと580回目なんだとか。チェコとの国境付近にあるエルツ地方の技術で作られた、世界最大のクリスマス・ピラミッド(回転式飾り)は見応えがあります。

ドイツでは氷点下になることもしばしばあるこの時期、屋外で開催されるクリスマスマーケットではグリューワイン(スパイスの効いたホットワイン)は外せません。

また、砂糖の塊にアルコール度数の高いラム酒を注ぎ、火をつけて作るフォイアーツァンゲンボウレは見ているだけでも暖まることができます。

こちらはグリューワインに比べてラムの味が効いているので、よりオトナな味わいで暖まる事ができます。

とっても寒いけれど、とっても暖かくなれるドイツのクリスマスマーケット、一度行ってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP