ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酔わない「食べ合わせ」しじみの味噌汁、チョコなどが効果的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お酒を飲む機会が多い年末年始。普段は、冷静な人でも、酔っ払って、おかしな行動をとってしまうこともあるはず。

 そもそも、酔うといつもの自分ではなくなってしまうのはなぜだろうか。アルコール依存症に詳しい洗足心療内科クリニックの医師・重盛憲司さんが「酔う」メカニズムを解説する。

「体内に入ったアルコールは肝臓で代謝されます。その際、代謝しきれなかったアルコールが血管を通じて全身に行きわたり、脳の組織まで染み込んで理性を司る大脳皮質を麻痺させます。普段、穏やかな人が飲酒で一変するのはこのためです。さらに小脳までアルコールが達すると運動を司る機能まで麻痺し、体の自由が利かなくなります」

 女性は特にアルコールの影響を受けやすい。

「女性は体格が小さく、女性ホルモンにはアルコールの分解を抑える働きがあるため、代謝機能が男性より弱いとされます。結果的に脳に達するアルコールが多くなり、わずかな酒量で酔いやすくなります」(重盛さん)

 お酒の席で失敗しないためにどうすればいいのか。大阪府内科医会副会長で医師の泉岡利於さんがアドバイスする。

「まずはお酒と同じ量の水を飲むこと。体内のアルコール濃度を抑え、脱水症状の予防になります。また、アルコールの分解能力を上げることも重要。代謝酵素のエネルギー源となるたんぱく質を多く含むしじみのみそ汁や豆腐、またはアルコール分解の際に消費する糖分を補うためにチョコレートや果物などの甘い物がおすすめです」(泉岡さん)

 お酒とのつきあいはほどほどに。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
血中アルコール度0.05~ 0.1%ほろ酔い期 本音出てキス魔にも
「酒は訓練すれば強くなる」説に医学博士「多少はなります」
飲酒前に牛乳で胃に膜、ウコンで肝機能向上説を専門家が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP