ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ALSアイスバケツチャレンジ運動とは何だったのかを振り返る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年のネットニュースを振り返るうえで欠かせないのが、夏に流行した「ALSアイスバケツチャレンジ」だ。同年の新語・流行語大賞の「候補語50語」にも選ばれたこの運動は、どんな意味を持ったものだったのか。新刊『縁の切り方~絆と孤独を考える~』(小学館新書)を上梓したばかりのネットニュース編集者・中川淳一郎氏が解説する。

 * * *
「ALS」とは、医療法人・徳洲会の徳田虎雄氏や理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士などが抱える病気で、筋肉の萎縮と筋力低下をもたらし、車椅子での生活を余儀なくされる「筋萎縮性側索硬化症」という難病のこと。この病気の認知度を高めるべく、氷と水の入ったバケツを頭の上からひっくり返し、ヒャー、冷たい! となる様子をSNSで公開するチャリティである。

 なぜ氷水かといえば、ALSが氷水をかぶったような感覚の病気であるため、その様を疑似体験するという説もあれば、元々アメリカでは氷水をかぶるチャリティが存在したという説など様々。

 このチャリティに参加するには、誰かから指名を受ける必要がある。そして、受け入れた場合は24時間以内に氷水をかぶるか、ALS関連団体に100ドル寄付しなくてはならない。氷水をかぶったうえで寄付をしても良い。氷水をかぶった暁には、このチャレンジをする次の3人を指名する必要がある。

 海外ではマイクロソフトのビル・ゲイツ氏、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏など企業トップの他、多くのプロスポーツ選手や芸能人が参加。日本でも数多くの著名人が参加した。

 日本では8月14日頃から少しずつこの話題が登場し始めた。17日に脳科学者の茂木健一郎氏が動画を公開して以降、メディアでも大々的に取り上げられることになる。「3人を指名する」というルールがあるが故に、その後の参加者は爆発的に増加した。日本ALS協会に寄付された金額は、2週間で2747万円に達したという。それまでの知名度と寄付金額の少なさから考えれば、相当成功したキャンペーンといえるだろう。

 だが、この話題がネット界にとどまらずマスメディアも巻き込んで盛り上がっている中、「所詮はセレブのお遊びと売名行為」「心臓麻痺になる危険性がある」「バカバカし過ぎる」「こんなことをやっても患者は喜ばない。黙って寄付しろ」といった批判もネット上では出た。

 事実、アメリカでは、消防車のはしご車から水をかけようとした消防士が感電し、後に亡くなった事故も発生するなど、チャリティのはずがとんだトラジェディ(悲劇)になった例もある。

 私自身もネット上の反応と同じような感想を持った。本音を言えば、暑い中氷水をかぶることは爽快感しかないだろう。ネット上で展開される「人助け」のようなものは、「カネを払う」という負担を伴う寄付行為を除き、大抵本気感はない。最終的には自分にメリットがあるか、感動的なストーリーの一部に自分を組み込み、自己満足に浸れることが多い。

※中川淳一郎・著/『縁の切り方~絆と孤独を考える~』より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ビートたけし氏 氷水かぶりの絵面はひょうきん懺悔室と同じ
ダルはスルー、BIGBANGから水原希子など「氷水」関連裏事情
賛否両論の「氷水」 たけし・金城武・栗原類らが問題提起

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP