ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】与党過半数で安倍トレード継続の見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、12月15日~12月19日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、14日の衆議院選挙、16-17日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明、17日のギリシャ議会での大統領選出、などを見極める展開となる。衆議院選挙での与党圧勝の可能性、年末に向けた米国企業の利益送金によるドル買い、原油価格の下落基調を受けたドル全面高などで、ドルは下げ渋る展開が予想されるものの、クリスマスに向けた海外勢の円売り持ちポジションの手仕舞い(円買い・ドル売り)によってドルの上値は限定的か。

 リスク要因は、ギリシャでの解散・総選挙の可能性、イスラム国を空爆している有志連合国でのテロの可能性、地政学的リスク(ウクライナ情勢、中東情勢)の緊迫化などが想定される。ただし、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による外貨建て資産への投資増額(23%⇒40%)から、ドルの下値は限定的だと予想される。

【衆議院選挙(475議席)】
 衆議院選挙では、与党圧勝が予想されていることで、「噂で仕掛けて、事実で手仕舞え」の相場格言通りに、円売り持ちポジションの手仕舞いの可能性に警戒することになる。

 与党が参議院で否決された法案を再可決出来る317議席、あるいは絶対安定多数の266議席以上を確保した場合、アベノミクスが信認されたことで、安倍トレード(日本株買い・円売り)が継続することが予想される。265議席を割込んでも、過半数の238議席を確保した場合は、安倍トレードが継続することが予想される。

 なお、可能性は極めて低いが、過半数を割込んだ場合、安倍首相は退陣となり、安倍トレードが失速することになる。

【ギリシャ議会での大統領選挙(300議席)】(17日)
 サマラス・ギリシャ首相が推すディマス前欧州委員が次期大統領に選出されるためには、180票以上が必要となる。連立与党の議席は155議席、野党は121議席、無所属は24議席となっており、解散・総選挙になれば、反緊縮財政を主張する急進左派連合(SYRIZA)が勝利する可能性が高いことで、ギリシャ金融危機の再燃が警戒されている。

【連邦公開市場委員会(FOMC)声明】(17日)
 16-17日の連邦公開市場委員会(FOMC)では、異例な低金利の継続期間「相当な期間」が削除されるか否かに注目することになる。「相当な期間」の削除は、重要な金融政策の変更となることで、イエレンFRB議長による記者会見での説明が求められるが、FOMC後の記者会見は、12月の次は3月となっており、今回のFOMCでの削減の可能性が高まっている。

【原油価格と円相場】
 原油価格の下落は、日本の景気回復を支援すること、ディスインフレ懸念から日本銀行への追加緩和圧力が強まることで、安倍トレードにとってはプラスだが、東京株式市場からオイルマネーが引き揚げられる可能性、貿易赤字縮小の可能性からはマイナス要因となる。

 12月15日-19日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(日)10-12月期日銀短観- 15日(月)午前8時50分発表
・予想は、大企業製造業DIが+13、大企業非製造業DIは+13
 参考となる9月調査では大企業製造業DIは+13、非製造業DIは+13だった。日銀の追加緩和、日経平均株価の上昇、原油価格低下などはDIの改善につながる材料となるが、円安進行の影響が読みきれないことから、大企業非製造業DIは予想をやや下回る可能性がある。

○(米)11月鉱工業生産- 15日(月)午後11時15分発表
・予想は、+0.7%
 参考となる10月実績は前月比-0.1%。市場予想に反する結果となった。製造業生産は+0.2%でやや伸び悩み。 自動車生産の減少が影響したようだ。11月については、反動増が見込まれるが、市場予想を下回る伸びにとどまる可能性がある。

○(米)11月消費者物価コア指数- 17日(水)午後10時30分発表
・予想は、前年比+1.8%
 参考となる10月実績は、全体の指数は前年比+1.7%、コア指数は+1.8%。エネルギー価格の下落が他の分野にも及んでいたようだ。エネルギー価格の値下がりが消費者物価の上昇を抑制する状況は続いており、11月のインフレ率は10月実績と同水準か、若干下回る可能性がある。

○(米)米連邦公開市場委員会(FOMC)- 17日(水)日本時間18日午前4時結果判明
・予想は、金融政策の現状維持
 金融政策は現状維持となるが、世界経済の成長鈍化に対する警戒感が再浮上している。アトランタ地区連銀のロックハート総裁は、FOMC声明から「相当な期間」という文言削除を急ぐ必要性はないとの考えを示した。12月のFOMC会合でも「相当な期間」の文言は維持されるとの思惑が浮上している。

○(日)日本銀行金融政策決定会合- 19日(金)金融政策決定会合の終了時刻は未定
・予想は、金融政策の現状維持
 金融政策は現状維持の予想だが、黒田総裁は11月25日に行われた講演で「円安は輸入コストの上昇で中小企業や非製造業の収益や実質所得を圧迫する作用がある」と指摘しており、決定会合で為替相場が実体経済に及ぼす影響について議論される可能性がある。

 主な発表予定は、15日(月):(米)10月ネット長期TICフロー、16日(火):(米)11月住宅着工件数・住宅建設許可件数、17日(水):(日)11月貿易収支、(米)7-9月期経常収支、18日(木):(米)11月景気先行指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:115円00銭-120円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
外国人投資家 日銀金融緩和不十分と考えるも外債購入に期待
カナダドル 利上げの可能性もありでポートフォリオ通貨にも
元ドイツ証券副会長 日本株は今年上昇する可能性強いと指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP