ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】脚本家・金子成人『付き添い屋・六平太』語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】『付添い屋・六平太』金子成人氏/小学館文庫/600円+税

 生きる。すなわちそれは〈生業〉を持ち、日々の生計を立てることでもあった。

 武士とて例外ではない。わけあって浪人に甘んじ、浅草・元鳥越の借家に妹と暮らす元・信州十河藩藩士〈秋月六平太〉の場合、商家の子女の警護などをして日銭を稼ぐ自称〈付添い屋〉が、現在の飯の種だ。

 時は徳川11代将軍・家斉の時代。各藩のお家騒動と町人文化の活気が交差する地点に、金子成人著『付添い屋・六平太』は舞台を置く。このほど3巻・鷹の巻までが刊行された本シリーズでは、藩を追われた六平太のこんな呟きが印象的だ。

〈河岸の男たちの活気を見ると、いつも気遅れがするのはどうしてだろう〉〈おれだって仕事をしているのだからなにも恥入ることはない、と心の声を上げるのだが、空しさが残る〉……。

 本作は人気脚本家・金子氏の初小説。自身、下積み時代は配達のアルバイトや八千草薫氏の運転手をして食い繋いだという、〈最強の大型新人〉の思いを訊いた。

 江戸後期、生活感溢れる剣の遣い手という設定は、かつて金子氏が脚本を手がけた『御家人斬九郎』(フジテレビ系 柴田錬三郎原作 渡辺謙主演)とも重なる。

「僕は時代劇でもああいう洒脱さがある方が好きだし、人が生きている感じがする。

 例えば飯屋。それ以前は屋台で何か軽くつまむ程度だったのが、江戸も中期以降になると多種多様な飯屋が方々にでき、人が集まる拠点になった。脚本もその方が書きやすいし、飯屋や芝居小屋や岡場所に雑多な人間が入り乱れる猥雑さに、僕は惹かれるんですね」

 かつて〈供番〉と呼ばれる警護役にあった六平太は、江戸生まれの江戸育ち。生母は早世し、父は後妻〈多喜〉を娶るが、10年前守旧派と改革派の政争に巻き込まれて切腹。実はその多喜の兄こそが改革派の先導者の一人〈杉原重蔵〉で、六平太も共に謀反を疑われる形で藩を追われていた。

 義母の死後は、その連れ子〈佐和〉と2人で暮らし、遊び人の兄を針仕事で健気に支える妹に六平太は思う。〈―無垢過ぎる〉〈佐和の無垢さは罪でもある〉と。

「尤も彼は護国寺の門前町、音羽の髪結〈おりき〉ともいい仲で、殆どこっちに入り浸っている。イメージでいうと今は亡き太地(喜和子)さんかな。気風がよくて艶っぽくて、男をピシッと締める同志的なところが、僕自身の好みです(笑い)」

 六平太が商家の女子供の外出や物見遊山のガイドも兼ねるおかげで本作は江戸案内の趣も帯び、古地図片手に道中を追うのも一興だ。また1巻に4話、計12話が1話完結で読める本作は、同じく〈立身流相良道場〉出身の同心〈新九郎〉や、音羽一帯を仕切る親方〈甚五郎〉らと事件を解決する捕物帳でもあり、剣豪小説や人情噺としても楽しめる。

 例えば第3巻「安囲いの女」。醤油問屋の潮干狩りに同行した六平太は、泥まみれで貝と格闘する羽目に。疲れて長屋に帰ると今度は捨子に遭遇し、安囲いの女こと〈およう〉の警護等々、付添い屋稼業も楽ではない。

「当時、捨子はもらい手がいれば奉行所が審議の上で譲り、いない場合は拾った町が責任を持って10歳まで育てた。それも町人の知恵でやるんだから社会制度としては相当成熟しているし、そういうフックが史料の中に一つ見つかると、ドラマは幾らでも書けますね。

 おようの稼業もそう。“安囲い”ってのは要するに、1人では女を囲う金がないから、みんなで囲おうって話で、下級武士やお店者が手当を出し合い、通う日を決めるんです。別に彼らは騙されているわけじゃなく、双方納得ずくの、実にいじましい制度でしょ(笑い)」

 ところがその約束を破った客がおようを付け回し、その警護に雇われたのが六平太だ。実は彼女は別口の妾でもあり、金を役者に貢いでいたが、元は武家の妻で、婚家のために妾奉公までしてきた彼女の生き方に、六平太は責める言葉もない。

「僕は何もせずに人の上に立つ連中より、生きるために何でもやる人間の方が、余程上等だと思うんですよ。ある時は三河万歳、ある時はちょぼくれを呻る大道芸人の〈熊八〉や音羽の連中もそう。何をしてでも生きぬいてやるってのがイイし、素になれない現代人と違って、懸命に生きるって姿勢が書きやすいんです」

 実は六平太にはかつて馴染みの女に産ませた〈穏蔵〉という息子がいた。女の死後、里子に出し、その際の餞別30両を家主の市兵衛から借金する六平太は月末が恐く、また、藩内には彼をなお敵視する者も多い。

「ただし敵はいても悪人はいないはずで、仮に全員が善人でもドラマは書けますね。僕は『鬼平犯科帳』も『剣客商売』も随分書いたけど、池波さんの世界も単純な善悪では色分けできない人の機微がありました」

 だが物語には決着も必要で、注目は「初浴衣」(第1巻)。ある時、糞尿を買いに来た百姓の息子が大名行列を横切って斬り捨て騒動に遭い、その無慈悲な仕業に怒ったのが百姓仲間。作戦の鍵は、ズバリ糞尿。大名屋敷も汲み取り手なしには回らないことを逆手にとる、痛快な庶民の報復だった!

「これは町の糞尿を肥にし、その野菜を町で売る江戸のリサイクル文化から着想した話で、そもそも江戸屋敷では出入りの商人はじめ、職人、百姓など、町の人に嫌われたら生活できない。特に糞尿問題は毎日のことだし、それこそドラマでは書けないネタでした(笑い)。

 ただ体面だけは守りたい武家側も憐れといえば憐れで、1巻に食い詰めて女郎屋や賭場を始める旗本が出てくるが、それもこれも儲けのためではなく生きるため。それなら認める、というのが、僕の心情なんです」

 六平太は思う。〈人ってものぁちょっとしたことで鬼にも仏にもなる〉と。だからこそ〈用心〉を重ね、助け合う人々の知恵がいじましくも輝く瞬間を、金子氏は本作に切り取るのだろう。

「先の広島の土砂災害でも、僕は被災地区を蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)と呼んで用心を促した先人の知恵が生かされなかったのが残念でね。つまり地名一つにも、何が起きてもおかしくはないこの世を生き抜いた人々の思いは刻まれ、善人が善かれと思ってしたことすら悲劇を生みかねない憐れをより書きやすいのが、時代小説じゃないかな」

 佐和やおりきとの関係、十河藩や穏蔵との因縁など、どう転ぶかわからないことばかり。次巻は来年3月に刊行予定だそうで、今後も可笑しくもいじらしい六平太たちの活躍から目が離せない。

【著者プロフィール】金子成人(かねこ・なりと):1949年佐世保生まれ。高校卒業後、現Nittakuに入社。19歳の時、成瀬巳喜男監督宅を突然訪ね弟子志願するも、「まずは脚本を勉強しなさい」と諭され、シナリオ研究所で倉本聰氏に師事。1972年『おはよう』でデビュー。バイト生活の傍ら『前略おふくろ様』等を書き、「『大都会』で初めて倉本さんに褒められ、バイトもやめました」。大河ドラマ『真田太平記』『義経』の他『鬼平犯科帳』『御家人斬九郎』等多数。1997年向田邦子賞。158cm、64kg、O型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
伊坂幸太郎文庫新刊 孤高の天才野球選手描いた異色作
「徳川家康は教育パパだった」等歴史上人物の逸話満載した本
小松菜生産量年間約4万トンで日本一の東京23区のある区とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP