ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乳がんを早期発見できる「ITブラ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2008年に国立がん研究センターが発表したデータによると、生涯に乳がんを患う日本人女性は、14人に1人。残念ながら、乳がんが原因で死亡する女性は増加傾向で、1980年と比較して約3倍にもなっている。早期に発見すれば、90%以上が治るともいわれている乳がん。早期発見のため、乳がん検診を受けるよう呼び掛ける医療機関や団体は多いものの、レントゲン写真を撮影するマンモグラフィー検査では乳房を上下から圧迫しなければならず、不安を感じて受診しない女性も少なくない。そこで、現在開発が進められているのが、着用しているだけで乳がんの検査ができる「iTBra」だ。

【画像や図表を見る】

主にヘルスケア商品を開発するアメリカのFirst Warning Systems社が商品化を進める「iTBra」は、繊維に小型センサーを組み込むことで体内の発熱パターンを検知し、乳がん細胞を発見できるブラジャー型ウエアラブルデバイス。検知されたデータはワイヤレスで送信され、パソコンやスマートフォンなどから確認できる。

「iTBra」による乳がんの検査方法は、12時間着用し続けるだけ。従来の検査では、場合によっては痛みを感じることもあったが、これを使えばストレスを感じることなく検査することができる。ちなみに、使用感は通常のブラジャーとほとんど変わらず、着用したまま就寝も可能だ。

同商品は、アメリカ食品医薬品局の認可待ちの状態で、2015年に一般発売する予定。女性が安心して乳がんの検査に臨める日は近い。
(山田 滝音)
(R25編集部)

乳がんを早期発見できる「ITブラ」はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

愛犬専用ウエアラブルデバイス登場
座りすぎ&姿勢を診断して腰痛予防
「心臓の鼓動」でパスワード入力
空中で指を動かすだけ!装着マウス
ラルフローレンのスマートTシャツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP