ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石坂浩二から武田鉄矢へ「お前みたいな顔に生まれたかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『幸せの黄色いハンカチ』で本格的に役者デビューした武田鉄矢は、その後、活躍の場を着々と広げ、NHK大河ドラマにもたびたび出演している。初めて出演した時、主演だった石坂浩二との思い出について、歴史上の人物を演じるときに大事にしていることについて武田が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 武田鉄矢にとってのNHK大河ドラマ初出演作品は1979年の『草燃える』だった。本作で武田は、石坂浩二扮する源頼朝の側近くで従い続ける御家人・安達盛長を演じている。

「駆け出しの俳優にとっては大河ドラマって憧れなんですよ。それで石坂さんを必死になって観察しました。石坂さんのセリフ回しが、大河ドラマのセリフ回しなんです。実際、石坂さんの言い方で言うと、OKをもらうのが早かったですから。石坂さんの声は鼻音で力まないで、独特のうねりをつける。あれを狙っていたんです。大河で主役をやるなら、この言い方だなと。

 録音さんが迷うくらいでした。僕を録った後でマイクを石坂さんに向けるんですが、僕のセリフが終わった後でもマイクをこちらに持ってきたままなんですよ。

 石坂さんにバレちゃいましてね。『お前、俺のマネしてるだろう』って。『石坂さんが主役なんだから、主役のマネをするのは当たり前です』とこちらもハッキリ言いました。

 石坂さんには本当に可愛がってもらいました。あの人、ハンサムなのに『俺はお前みたいな顔に生まれたかった』って言うんですよ。『世間じゃ俺を毒にも薬にもならないという。お前みたいな顔に生まれたら、俺も個性派のイイ役者になれたかもしれない』と。なんてことを言うんだろうと思いましたよ」

 その後、『徳川家康』では豊臣秀吉、『太平記』では楠木正成、『龍馬伝』では勝海舟と、大河ドラマに何度も出演している。

「歴史上の人物を演じる時は、肌触りを大事にしています。人物としての木目(きめ)を出したいんですよ。秀吉の時は感情豊かに、人間の強弱をつけていく。母親が死んだときはガキミソのように、泣くだけ泣こう、とか。

 楠木の時は『土の人』というイメージを貫きたかった。大河を演じる時は形容詞が欲しいんですよね。『この人は~な人だった』という。楠木では司馬遼太郎さんの寸評を思い出しましてね。『楠木は河内の土豪の出身で、話しているうちに人を溶かすような人間的な魅力にあふれている』と。その言葉が好きでして。

『働き者の農民のような侍であった』というのをやろうとしたんですよ。それを演出陣も分かってくれて、『甲冑を着たシーン以外はすべて畑仕事をやる』っていう楠木像になりました。

 大河ドラマでは、主題歌がつく前に自分で勝手に主題歌をつけるんです。楠木の時は、出陣を決意する場面で『父はこれより吉野に赴かん』と子どもに別れを言うんですが。その時には『青葉繁れる』が頭の中を流れていましたね。それでポロポロと泣いてしまったんですよ。

 勝海舟では『ひたすら江戸弁でやらせてくれ』とプロデューサーとディレクターに頼みました。福山(雅治)君の龍馬がわりとおっとりと土佐弁を使うので、こちらは凄くせっかちで急かせるという。そこに自分なりの木目を置きたかったんです。資料を読んでも、普段の海舟は『落語家のような江戸言葉だった』と書いてありましたからね。それで、落語家さんに指導でついてもらいました」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)、『時代劇ベスト100』(光文社新書)ほか。責任編集をつとめた『文藝別冊 極彩色のエンターテイナー 五社英雄』(河出書房新社)も発売中。

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
武井咲 11本のCMに出演する17歳美少女のミニスカナマ脚
剛力彩芽が走る、走る! 19歳の疾走シーンを独占撮り下ろし
金網越しに見た剛力彩芽を撮影 近くて遠い距離がもどかしい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。