ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全然足りない年金 平均的な老夫婦で月4万~5万円の赤字に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「老後は年金だけで生活していけるのか」──老後にかかる生活費(支出)はいったいいくらだろうか。

 総務省の家計調査(2013年)によると、「高齢夫婦無職世帯」(夫65才以上、妻60才以上の夫婦のみの無職世帯)の場合、毎月の支出は平均27万2455円。その主な内訳は、食費の6万459円、教養娯楽の2万6055円、交通・通信費の2万5327円など。「年金博士」として知られる社会保険労務士の北村庄吾さんが解説する。

「50代の男女に『60代以上に必要な食費はいくらぐらいだと思いますか』と質問すると、2万円とか3万円という答えが多いんですが、実際はその倍以上かかります。老後『何にいくらかかるか』をしっかり把握されていないかたが多いです。平均的な夫婦の年金収入は22万~23万円といわれていますので、年金だけだと毎月4万~5万円の赤字になってしまいます」

 なお、「高齢単身無職世帯」(65才以上の単身無職世帯)の場合だと、毎月の支出は15万5300円。国民年金だけでは到底まかなえず、厚生年金だとぎりぎりやっていけるが、ゆとりはないのが実情なのだ。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
平均的老後過ごすには「年金+α」必要 退職金や貯蓄で補完
妻が定年まで厚生年金加入者として働けば「年金リッチ夫婦」
平均的な夫婦なら退職までに1500万円貯めればOKとの計算

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP