ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CA志望から演歌界へ「航路変更」した美人歌手・西田あいの夢

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「平成の美人演歌歌手」を探せ! というわけでここで紹介するのが、西田あい(26)。平尾昌晃ミュージックスクールに通っていた20歳の頃、平尾から「歌謡曲を歌わせたらすごくいい」とスカウトされ演歌の世界へ。

「歌手になりたいという夢もありましたが、当時はCAになるための専門学校に通っていました。航空会社の入社試験を受けようと思っていたところでお声をかけていただいて」

 演歌歌手志望ではなかったが、繊細な心の機微を歌い上げる魅力に引き込まれていく。

「演歌は“3分間のドラマ”といわれますが、わずか数分で映画1本を観たような感動を味わえるんです」

 語学も得意な彼女は、テレサ・テンのような海外でも活躍できる歌手を目指している。

◆西田あい(にしだ・あい):1988年7月14日生まれ。鹿児島県出身。2010年『ゆれて遠花火』でデビュー以来、シングル曲は平尾昌晃が作曲。新曲『雨おんな』が発売中。

撮影■樂満直城

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
美人演歌歌手・丘みどり 幼い頃に鳥羽一郎コンサートに感動
宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人
デュエット定番曲『銀座の恋の物語』を自然にうまく歌う方法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP