ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の乾燥に効く賢い加湿器の使い方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

適正湿度は40%~60%。少なすぎると肌荒れの原因に

暖房によるお肌の乾燥対策に加湿器は欠かせません。さまざまなデザインや種類が出ていますが、用途に合ったものを選ぶことが大切です。

暖房などで室内の温度が上がると、湿度は下がります。湿度とは、空気中の水分量を数値で表したもの。通常、適正湿度は40%~60%といわれ、少なすぎると肌や髪が乾き、肌荒れの原因となります。逆に、湿度が60%以上だと、お肌にとっては最適ですが、建物にカビなどが発生しアレルギーなどを引き起こしやすくなりますので注意が必要です。湿度計を使いこまめにチェックしましょう。

エアコンの真下に置くのはNG。清掃を欠かさず行うことも重要

加湿器は置き場所にも要注意。出入り口付近は空気が外に流れてしまいます。また、エアコンの真下では加湿器が乾燥した空気を感知し、より多く湿度を上げようと働いてしまいます。このような場所は避けましょう。

まれに、加湿器でお顔に潤いを与えようとして美顔スチーマーのように直接肌に当てる人がいますが、水分補給はできません。加湿器は、あくまで部屋の湿度を上げ、肌の水分蒸発を防ぐために使用してください。

また、水に含まれるミネラルがフィルターに付着すると加湿能力が低下してしまいます。そして、タンク内に水をためたままにしておくと、雑菌や水垢が繁殖し、その状態のままで加湿器を使用していると目の充血や咳などの原因になったり、肌にかゆみが出たりと逆効果に。清掃を欠かさず行うことがとても重要です。

アロマオイル加湿器で、気分や体調に合わせて香りを楽しむ

リフレッシュや香りを楽しむなら、アロマオイル加湿器がオススメです。アロマ専用の加湿器を選び、オイルの濃度が合ったものを使うと加湿器の寿命が延びます。アロマオイルは効能や香りはさまざまです。その日の気分や体調に合わせて自由に変えられるのも魅力。例えば、気分が落ち込んでいるときはラベンダーやベルガモットなどをブレンドする、前向きに気持ちを上げたいときは柑橘系の香りを使う、というように。お好みの香りを見つけ、いくつかのオイルをブレンドすることで香りの幅も広がり、楽しむことができます。

お肌の乾燥に加湿器を上手に使って寒い冬を元気に過ごしましょう。

(秋山 由貴美/エステティシャン)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP