ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『NHK紅白歌合戦』 GHQから一度企画を却下された過去もある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年、第65回を迎える『NHK紅白歌合戦』は、1951年の開始以前に前身の『紅白音楽試合』という番組があった。終戦直後の1945年に新時代に相応しい音楽番組を作ろうと考えた当時のプロデューサーが、剣道の紅白試合をモチーフに『紅白音楽合戦』という歌番組を企画したことが始まりだ。

「当時はGHQに企画書から台本まで見せて了承を得る必要があったんです。そこで翻訳担当者が『合戦』をBATTLEと訳してしまい、『敗戦国がBATTLEとは何事だ』とGHQに却下されてしまうんです。そこでMATCHに変えて『音楽試合』となったのです」(歌手・作家で“紅白博士”として知られる合田道人さん)

 なんと、一度はGHQから番組の制作を却下されていたのだ。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
紅白歌合戦出場者数は東京が1位 人口比では沖縄が1位
紅白歌合戦 正月特番から大晦日に日程変更された意外な理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP