ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.0のロック画面認証を有効から無効にできない場合の暫定的な対処法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0 (Lollipop)に「SmartLock」機能が追加されたことで、端末のロック画面認証を有効にして使っている方が増えたと思います。しかし、ロック画面認証を有効から無効に変更できない(「スワイプ」や「なし」がタップできない)ことに遭遇したことはありませんか?この記事では その現象の(暫定的な)対処法を紹介します。ロック画面認証を無効にしようと思って「セキュリティ」セクションを開いても上図のように「スワイプ」や「なし」がグレーアウトでタップできない状態になっている場合、おそらく、下にスクロールすると表示される「認証ストレージの消去」がアクティブになっているはず。このメニューをタップして操作を実行すると「スワイプ」や「なし」を選択できるようになるのです。このメニューが何を消去しているのかわかっていないので、安易に消去していいとは言えませんが、実際に消去してもエラーが多発したり、重要な機能が利用できなくなるなどの問題には遭遇しなかったので、キャッシュ感覚で消しても構わないと思います。


(juggly.cn)記事関連リンク
サンコーレアモノショップ、車のシート脇でタブレットを保持できる「シート固定式車載用くねくねタブレットホルダー」を発売
Huawei、通常版より豪華な「Ascend Mate7 Monarch Edition」を中国で発売
Android版YouTube v6.0ではフィルタリング機能がWEBサイト版並みに改善される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP