体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつもの週末にワクワクを!旅のライフスタイルマガジン「TRUNK」を

生活・趣味
0100

ネコ・パブリッシングより出ている旅雑誌「TRUNK」編集長の里見有美さん

日本人は勤勉なせいか、長い休暇を取れる人が本当に少ないもの。休みが長くなければどこへも行けない……本当にそうでしょうか? 24時間、365日、与えられた時間は平等ですから、きっとどこかで外へ飛び出す時間はあるはず。

「TRUNK」は、そんなもやもやを抱えた人たちの一歩を応援する旅雑誌です。ワクワクすること、仲間とワイワイ騒ぐこと、おもしろいことが大好きだという、編集長の里見さんにお話を伺いました。特に働いている女性は、必見です。

「隣にいる仲間」がターゲットであり読者

――「TRUNK」という雑誌について教えてください。

趣味系雑誌を多く扱う出版社ネコ・パブリッシングから、2014年2月に発売した、旅&アクションエールマガジンです。現在で4号目まで出ています。女性向けの一冊ですが、比較的性別も年齢も問わず、幅広い方々に読んでいただいているようです。

―― ぱらぱらめくっただけでも、フォントも大きく分かりやすいし、写真のカットが多く、勢いがあるなと感じました。

あえて写真は大きく掲載しています。ターゲット層は、会社や仲間の中にひとりはいる、ユニークで明るくて元気な女の子。リュックを背負って一人で出かけちゃうようなアクティブな女性をイメージしています。表紙にタレントさんなどを起用しないのは、イメージする女性が「隣にいる仲間」だから

憧れるけれど、ブラウン管の向こうの憧れの人ではなく、隣にいる憧れの友達、という感じかな。元気とユーモアがあって、親近感のある一冊でありたいなと。旅の情報誌でも、写真集のような一冊でもない、今までの旅雑誌にはない、旅バラエティ番組っぽい感じ。

遊び方が分からないのはもったいない!

── 「TRUNK」は、読者の方と同じ目線、同じスタンスなんですね。

そう、ユニークな友達がひとり増えたっていう感覚で「TRUNK」を毎回楽しんでもらえると嬉しいですね。誌面では、「TRUNKER」というネーミングで、誌面に携わりたい読者を募っています。彼女や彼らには、実際に旅に行ってもらったり、写真を撮ってもらったり、紙面に顔を出してもらう方もいます。みんなで一緒に、ひとり旅ツアーのプランを考えて、既に商品化もしました。TRUNKERは、実際に旅に出ている方たちから、ああいう人になりたいと憧れている人までさまざま。

今、世の中で働く20~30代の女性たちは、本当に忙しいし、よく働いているなぁと思います。だから、土日の休みは本当に貴重で、思い切り遊ぶ人もいれば、とにかく睡眠と、家の掃除や洗濯、買い出しと自分のメンテナンスで終了してしまう人もいると思います。

毎週末アクティブに遊ぶ術を知っている方は、既にライフスタイルを楽しむ達人、いわば生粋の「TRUNKER」なので、「TRUNK」を読む必要はないんですが(笑)、せっかくの週末や休みに、何をして遊べばいいのかよくわからない。遊ぶといったら、友達とカフェか、カラオケか、ショッピングか散歩? 「世界や、ワクワクするようなことは、そこらじゅうにあるんだよ」ということを、押し付けるのでもなく、アナウンスする。それが「TRUNK」の役目ですね。

自分たちが「おもしろい!」と思うものを楽しく紹介していくことが大事

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会