ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新発想!普通の腕時計をスマートウォッチに変えられるバンドが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンなどと連携する腕時計型のデバイス、スマートウォッチはソニーやサムソン、アップルなど大手をはじめ、IT各社が開発にしのぎを削る今もっともホットな分野の一つだろう。

確かに、手元で各種情報をチャックしたりできるのは便利に違いない。だが、使い慣れた既存の腕時計はどうする?

そんな発想で生まれたのが、既存の時計をスマートウォッチに変えられる“スマートバンド”のKairos T-band。他のスマートウォッチ同様にスマホに届いたメールや着信などがチェックできるというものだ。

ディスプレー付きなど3モデル

Kairos T-bandは3種類用意されている。まず最もシンプルなのがディスプレーなしのNDモデル。こちらでは、振動やLEDライトで着信やノーティフィケーションなどを知らせる。

次に、ベルト部分のLEDディスプレーに文字(アルファベット)や数字を表示できるHDモデル。ただし、使っていない時はディスプレーが消える

そして、スタンダードのODモデルは有機ELディスプレーを搭載し、各種センサーも備えている。メールなどをチェックできるのはもちろん、ナビ情報などを表示したり、フィットネストラッカーとしても使えるなど多機能だ。

最安タイプは129から

いずれも、ベルト幅が18〜24ミリの時計で使える。USBケーブルで充電し、バッテリー駆動時間はNDモデルで7日間、HDモデルだとディスプレーがある分、2〜3日と短くなる。

現在、資金調達サイトIndiegogoで資金を募っているが、キャンペーンではNDモデル129ドル、HDモデル159ドル、ODモデル179ドルの出資で入手できる。プラス20ドルで米国外にも発送する。

愛用している時計の文字盤はそのままに、スマート化したい−。そんな人は要チェックだ。キャンペーンは今月31日までとなっている。

Kairos T-band/Indiegogo

カテゴリー : エンタメ タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP