ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が好きすぎて「デロリアン」を実際作った男がスゴい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

未だに根強い人気を誇る映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場する夢の車、デロリアンに魅せられた男が、様々なバリエーションのデロリアンを制作し話題となっている。

50歳のソフトエンジニア、リッチ・ワイゼンセルさんは、ガルウィングが左右3つの計6つもあるリムジン・タイプやホバークラフト、そしてモンスター・トラックなどに加え普通のデロリアンも2台所有する位この車に入れ込んでいる。

【動画】http://youtu.be/5feSfiImrSE

2000年に創始者のジョン・ザッカリー・デロリアンさんに会ったことで触発され、その時に「デロリアンのモンスタートラックを作りたい」と宣言。10年以上の時を経てこのコレクションを完成させた。残念ながらデロリアンさんは2005年にこの世を去っているので彼にこの車を見せることはできませんでした。

劇中でタイムマシンとなるデロリアンは、70年代~80年代に実在したデロリアン・モーター・カンパニー社製で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が公開される3年前の82年には会社が倒産していましたが、その後映画で有名になり高値で取引されるカルト・カーとして知られるようになった訳です。

関連記事リンク(外部サイト)

絶対役に立つ人の家に泊めてもらう方法 アザトくならず、悲しみを40%混ぜる
「俺たちが定時帰宅したら日本の夜が暗くなるだろ」 JR新橋駅の社畜が奮い立つ広告が話題
世界一睡眠不足な日本の赤ちゃん……改善のカギは寝る環境にアリ?
キラキラ広報(クソレッテル貼ってるんじゃねぇ、ボケ)がダメだとぉ!?
ロケット愛好家グループが一致団結し、「簡易トイレロケット」の打上げに成功

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP