ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

温泉vs.南の島 正月休みの理想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月1日にJTBが発表した予測によると、今度の年末年始の海外旅行者数は67.9万人に上るとか。昨年よりは少ないものの、それでも「そんなに?」と驚かされる。筆者の周りは「家でのんびり過ごす派」ばかりだが、お金に余裕があれば海外で過ごすのもいいかもしれない。そこで、20~30代の社会人200人(男女各100人)に、「年末年始の理想の過ごし方」を尋ねてみた。(調査協力:アイ・リサーチ)。

〈年末年始の理想の過ごし方はどっち?〉
「お家でのんびり過ごす」派 62.5%
「(お金と時間があるなら)旅に出たい」派 37.5%

●「お家でのんびり過ごす」派の意見
「いつも外に出ているので、休日まで疲れる必要はない」(28歳・女性)
「お正月の雰囲気を味わいたいから」(34歳・男性)
「年末年始は友達と初詣に行くことにしているから」(32歳・男性)
「年末年始はテレビ番組が充実しているため」(24歳・男性)

【画像や図表を見る】

●「(お金と時間があるなら)旅に出たい」派
「余裕があるならいろんなものを見て、いろんなことを体験したい」(39歳・女性)
「職場のことを忘れたい」(32歳・女性)
「旅行にある程度行かないとストレスが発散できない」(29歳・女性)
「友達と休みが合うタイミングが年末年始しかないから」(29歳・女性)

およそ3人に2人が「お金と時間に余裕があっても、貴重な休みは自宅でゆっくりしたい」とはやや意外。やはりビジネスパーソンは、それだけ普段が忙しいということだろう。そのせいか、旅行に行くとしても、“身近な癒やし”を求める人が多数派のようだ。

〈年末年始に旅行に行くならどっち?〉
「南の島」派 41.5%
「温泉」派 58.5%

●「南の島」派の意見
「長い休暇だからこそ行けるところに行きたい」(36歳・男性)
「暖かいところで、薄着でゆっくりしたい」(30歳・女性)
「解放感があって好き」(37歳・男性)
「寒い時期に寒いところに行くよりは、
全然違う気候の場所へ行ったほうが非日常感が味わえそう」(30歳・女性)

●「温泉」派の意見
「疲れを癒したい」(29歳・男性)
「寒い中で温泉につかり、ほっこりしたい」(39歳・女性)
「近場でゆっくりできそうなので」(30歳・男性)
「寒い時期に南の島などの暖かい場所に行くと、冬ならではの季節感が感じられない」(33歳・女性)

では、年末年始に旅するならいつがよいだろう? 大みそかから正月三が日は例年、温泉宿が大人気なので、やはり「元旦をまたいで」が一番人気かと思いきや…

〈年末年始に旅行に行くならタイミングは?〉
「年末出発年内帰国」派 40.5%
「元旦をまたぐ」派 30.5%
「年明け出発年始帰国」派 29.0%

●「「年末出発年内帰国」派の意見
「正月は落ち着いてゆっくり過ごしたいから」(28歳・女性)
「1年の疲れを年内に癒し、新年の始まりは家族と自宅で過ごしたいから」(39歳・女性)
「親戚付き合いもあるので」(37歳・男性)
「年明けは初詣や初売りなどがあるから」(32歳・女性)

●「元旦をまたぐ」派の意見
「元旦を海外で迎えたい」(33歳・女性)
「いつもと違う元旦が過ごせる気がするため」(32歳・男性)
「一年の疲れを癒しつつ、新しい年のスタートをマイペースで過ごしたいから」(39歳・男性)
「年末は仕事が忙しいので」(31歳・男性)

●「年明け出発年始帰国」派の意見
「年末より空いてそうだから」(38歳・男性)
「年末は友達と都合が合わないから」(28歳・女性)
「年明け感で、新鮮な気持ちで旅行ができそうだから」(34歳・男性)
「みんなが帰るころに出掛けると、混むのを避けられそうなので」(38歳・女性)

年末に出発して年内に帰国することを希望する人が一番多かった。今年は27日から休めば年内だけで5日間の休みが取れるので、そのあたりも影響している様子。せっかくの9連休のチャンス、あなたはどう過ごす?
(R25編集部)

温泉vs.南の島 正月休みの理想はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

年末年始9連休お勧め海外スポット
天然温泉大国ニュージーランド
下着でゲン担ぎ?世界の年越し事情
メンタルを鍛える「荒行」体験5選
伸縮自在?未来型スーツケース5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP