ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秦 基博がドラえもんと共に国境越え、台湾で「ひまわりの約束」弾き語り初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』が、12月19日に3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』の公開を控えた台湾で、映画記者会見に秦 基博がスペシャル・ゲストとして招聘され、初めて台湾の地を訪れる事となった。

12月11日記者会見当日、台湾以外の中国・香港も含むメディア70媒体以上が、会場となるTaipei Mandarin Oriental Hotel(台北文華東方酒店)に集まり、会見がスタートした。

映画のトレーラーが流れた後、司会者によって秦が呼び込まれ「皆さんこんにちは。秦 基博です。『ひまわりの約束』を聞いてください」と流暢な北京語で挨拶、大きな拍手と歓声を受け、「ひまわりの約束」の弾き語りを海外マスコミの前で初披露した。

台湾では日本同様、映画館での予告やテレビCM等で楽曲が大々的にプロモーションされており、現地での秦 基博&「ひまわりの約束」人気も急上昇中である。歌唱後ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんが揃って登場し、秦も一緒にフォトセッションに参加。温かな雰囲気の中会場を後にした。

シングル「ひまわりの約束」(8月6日発売)とアルバム「evergreen」(10月29日発売)は既に、台湾を含むアジア・中東の22カ国、欧米・オセアニアの20カ国の合計40カ国で配信及びCD発売されており、今回の訪問ではCDのプロモーションも同時に展開、台湾で一番人気の配信サイト「KK BOX」や「Best RADIO」「SET TV(三立台湾台)」等WEB、ラジオ、テレビの取材と多忙な日程をこなした。

「ひまわりの約束」の海外人気は台湾に先駆け、インドネシアiTunesのJ-popチャートで1位(12月4日付)も獲得し世界的ヒットの兆しを見せ始めている。インドネシアは12月10日より映画が公開されており、日本に続くiTunesチャート1位獲得に繋がった。映画公開後の各国のチャートアクションにも自然と期待がかかる。

今回の訪台は、秦 基博の海外進出に新たな一歩踏み出す大きな足掛かりとなったと言えるだろう。

シングル「ひまわりの約束」アルバム「evergreen」配信及びパッケージ発売実施国
<アジア・中東>24カ国
香港、シンガポール、マレーシア、台湾、インドネシア、インド、タイ、フィリピン、カンボジア、ラオス、マカオ、ベトナム、スリランカ、ネパール、パプアニューギニア、バーレーン、ヨルダン、レバノン、オマーン、カタール、サウジアラビア、UAE、フィジー、ミクロネシア

<欧米・オセアニア>20カ国
アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、ペルー、カナダ、アメリカ合衆国、フィンランド、スウェーデン、イギリス、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、オランダ、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド

そして日本でも各音楽配信サイトで依然好調にロング・セールスを記録を続けている。先日iTunes Store が、毎年恒例の「Best of 2014 今年のベスト」を発表、「ひまわりの約束」が2014年最もダウンロードされた年間チャート「トップセラー:ソング」の2位に輝いた。更にレコード協会から10月度 有料音楽配信認定シングルトラック「プラチナシングル」の認定(11月20日発表)も受け、ダウンロード総数は更に伸び続け、55万ダウンロードに迫る勢いだ。

更に更に、昨年「Girl」で1位を獲得したUSEN HIT J-POPランキングでも2014年間 USEN HIT J-POPランキングで2位を獲得し2014年日本全国の街で愛され多くのリクエストを受けた楽曲として話題となっている。年末にかけては音楽テレビ番組に秦の出演が続々決定。2014年を越えてもなお愛される、息の長い作品となりそうだ。

関連リンク

秦 基博オフィシャルPCサイトhttp://office-augusta.com/hata
秦 基博オフィシャル・モバイルサイト「MOBILE GREEN MIND」http://augusta-mobile.com/hata
秦 基博オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/hata.official
秦 基博オフィシャルtwitterhttp://twitter.com/hata_official
YouTube「AUGUSTA CHANNEL」http://jp.youtube.com/user/officeaugusta
アリオラジャパン・オフィシャルサイトhttp://www.ariola.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP