ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

So-net、Ascend Mate7と月間約11GBの音声通話SIMをセットで提供するハイエンド商品「LTE SIM+ スマホセット 4980」を販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この最近はほぼ毎日発表されている、いわゆる「格安スマホ」ですが、本日は So-net が同社の MVNO サービス「So-net モバイル LTE」の新しい端末セット商品として「LTE SIM+ スマホセット 4980」を発表し、同日より販売を開始しました。「LTE SIM+ スマホセット 4980」は、比較的スペックの高い Android スマートフォンと 1 日あたり 360MB(月間 11GB)のデータ通信を含む音声通話対応の SIM カードをセットで提供するハイエンド商品です。その第一弾スマートフォンは本日発売開始となった Huawei の Ascend Mate7。So-net はこの商品の販売と同時に「So-net モバイル LTE」の音声通話付きプラン「+Talk L」のサービス内容を 3 日 360MB → 1 日 360MB(月間 11GB)に増やしました。その SIM カードが Ascend Mate7 とセットで販売されることになります。商品の価格は Ascend Mate7 と SIM カードのセットで月額 4,980 円+税(端末を割賦払いにした時のキャンペーン価格です)。Ascend Mate7 は、6 インチ 1,980 × 1,080 ピクセルの LTPS 液晶(インセルタッチパネル)や Hisilicon Kirin 925 1.8GHz オクタコアプロセッサ、4,100mAh バッテリー、背面に指紋リーダーを搭載した Huawei のハイエンドモデル。楽天モバイルなどの他社の MVNO サービスの端末として提供されています。Source : So-net


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、HTC Butterfly 2にHTC EYE Experienceを含むAndroid 4.4.4アップデートを配信開始
ワイモバイル、Nexus 6 クラウドホワイトを12月19日に発売
躍進を続ける小米科技(Xiaomi)、Ericssonによる特許侵害訴訟敗訴でインドでの販売を中止させられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。