ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

公明OB 「民主党は共産党本部に行って三顧の礼で迎えるべき」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アベノミクスの是非を問うという今回の総選挙だが、事前の予測では自公有利で、野党にとっては厳しい戦いとなりそうとの声が多い。そこで、週刊ポストでは名物企画「老人党座談会」を実施。村上正邦氏(元自民・82歳)、矢野絢也氏(元公明・82歳)、筆坂秀世氏(元共産・66歳)の3人の政界大物OBが、現在の野党について語った。

 * * *
村上:しかし、野党はだらしがないよ。民主党なんて過半数を取るだけの候補者を立てられない状況で、野党の共闘も中途半端だ。

矢野:野党で結集しようにも、旗になる人物がいないね。風も吹いていないし。言い方は悪いけど野党は雑魚みたいなのばっかりや。

 安倍さんがやってきた金融緩和なんかで利益を得たのはほんの1%の人だけで、一般庶民は円安の物価高に消費増税も加わって、相当生活が苦しくなっている。その鬱憤の受け皿になる野党がない。国民に対する野党の犯罪的な背信ですよ。

村上:その通り(と拍手)。

矢野:だいたい野党の政策なんて大した違いはないんです。それをえらい違いがあるかのようにグダグダと。野党が政策の違いで揉めたって、どうせ実現できないんだからナンセンスですよ。そんな寝言は政権取ってからいえって(笑い)。「ストップ安倍政治」だけで集まればいいんです。

村上:そうそう、政策じゃなくて姿勢で共闘すればいい。共産党だって共闘すればいいじゃないか。なァ、筆坂さん?

筆坂:共産党は小選挙区では勝てないから比例でどれだけ取れるかだけを考えている。野党共闘に参加すると比例票が集まりにくくなるという読みで参加しない。

矢野:それじゃあ共産党が化石みたいになってしまうわけでね。

筆坂:ええまあ、そういうことです(苦笑)。

矢野:ですから、ここはやはり、海江田さん(万里・民主党代表)が礼を尽くして代々木の共産党本部まで行って、三顧の礼でお迎えすべき。頭を下げてにこやかに共産党を受け入れることが野党第一党の矜持というか、責任感の表われなんですよ。一方の共産党もいくつかでも協力すれば評判が上がって、絶対に票は増えると思いますよ。

筆坂:私もそう思います。だって公明党は自民党と連立していても、比例でも一定の票を取っているわけですから。比例で票が取れなくなるというのは共産党の思い込みなんですよ。だけど、その恐怖感を断ち切れないんでしょうね。

村上:私から見ても共産党の姿勢に共鳴できるところはあるんだよ。ところが、党員以外の票が共産党に行かないんだ。

筆坂:本当ですね。

村上:自民党と公明党の政策なんて、180度違うところがたくさんあるじゃないか。それでも一緒になってやっているんです。それに比べたら、共産党と民主党の違いなんて、全然大したことない。

筆坂:いや、違いはあるんだけどね(笑い)。ただ、勝たないと意味はないから。共産党は「我々だけは消費増税は延期でなく中止といっている」と主張するけど、別に今度の選挙で議席が倍増したところで中止にできるわけじゃないしね。

【プロフィール】
●村上正邦(むらかみ・まさくに):1932年生まれ。1980年に参議院議員初当選。自民党国対委員長、労働大臣、参院自民党幹事長、議員会長を歴任した。

●矢野絢也(やの・じゅんや):1932年生まれ。公明党立党に参加し、1967年に衆議院議員に初当選。公明党書記長、委員長、最高顧問を歴任。

●筆坂秀世(ふでさか・ひでよ):1948年生まれ。日本共産党入党後、1995年に参議院議員初当選。党中央委員会常任幹部委員、書記長代行などを務めた。

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
創価学会婦人部 女性遍歴が激しい舛添氏に反感と学会関係者
都議選で野党第一党へ躍進した共産党は参院選でも勝てるのか
政界用語の「下駄の雪」の意味は福島瑞穂氏と関連してる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP