ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

膨大な量の注釈も収録 33年後のなんとなく、クリスタル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『33年後のなんとなく、クリスタル』田中康夫/河出書房新社/1600円+税

 政界を離れたヤスオは愛犬と公園を散歩の途上、偶然にも学生時代の旧友・江美子と出会う。その晩ふたりはさっそくフェイスブックで“友達”となり、ヤスオは共通の友人・由利とも“繋がる”。

〈一九八一年一月に単行本が刊行されると、どこの街を歩いても人々が気付いて、振り向かれる存在となった〉ヤスオとその小説の主人公・由利。ふたりは再会を果たし……。あれから33年、50代となった彼らを描いた話題作。巻末には膨大な量の註釈も。

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
書評ライター『KAGEROU』を絶賛 「工夫を感じます」
身長差47.5cmの矢口真里&中村昌也 親子的ツーショット
永井大と中越典子 深夜のドンキで消臭剤やロウソク購入

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP