ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猿田彦珈琲「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」Vol.8

DATE:
  • ガジェット通信を≫

基本編・応用編と二回に分けてお届けしてきた恵比寿「猿田彦珈琲」直伝、スペシャルティコーヒーのドリップ講座。連載第7回を迎える今回は、遂に実践編に突入! 講師はもちろん、ロースターの都築尚徳さん。果たして、あの薫り高い味わいを再現することができるのか……。

 

 

「猿田彦珈琲」のロースター・都築さんに教わってきたドリップのhow to。

基本編・応用編とひと通り手順を習ったので、いざ実践!

 

「コーヒーも自分で淹れるとなかなか面白いものですよ」と、都築さん。

300ccのお湯に対し、今回使用する粉は20g。抽出時間はおよそ2分に設定することに。

ケトルでお湯を沸かし、フィルターにコーヒーの粉をセット。粉を軽く振り、コーヒーの層を平らにならす。タイマーを2分に合わせたら、いよいよスタート!

まずはケトルのお湯を粉の中央に少量たらし、20秒ほど蒸らしたところで、フィルターのふちにあたらないようゆっくり注いでいく。

「もし可能なら注ぎっぱなしにしてください。お湯の線の太さを一定にする感じです。同じところだけでなく、お湯を動かしてあげましょう。のの字を書くと注ぎやすいと思います」

 

まさに、見るのとやるのとでは大違い。一定のペースで注ぐというシンプルな作業、これがなかなか難しい。目指すは2分で300cc。しかし、この「お湯を注ぐ」という慣れない作業に精一杯で目盛りを確認する余裕がない。焦っている間にアラームが鳴り、あっさりタイムオーバー。2分って、想像以上に早いんですね……。

 

「スタッフも最初の内は、え、早くないですか? って驚きます。でも、慣れるから大丈夫! 余裕ができると、自分の中にリズムがつくれるようになりますよ」

淹れたてのコーヒーをカップに移し、いざ味わってみるーー。うーん、なんだか薄くて物足りない。同じ豆を使っているはずなのに、都築さんが淹れるコーヒーとは明らかに違う。

「やはり抽出時間のムラが味にあらわれてしまっているようです。最初の注ぎが早すぎると薄い液体が落ちてきてしまうので、始めは気持ちゆっくりと。ただ粉が持つコーヒーの成分自体は限られているので、ずっとゆっくりのままだと出がらしのような味になる。その加減が難しい。お客さまが家でコーヒーを淹れたとき、あれ、同じ豆なのにお店と違うぞ? と感じるのは多分その差だと思います。そこが手強いところでもあるし、楽みのひとつとして捉えてもらえたら嬉しいですね」

 

微妙な淹れ方の違いが、仕上がりに大きな差をつける。言い変えれば、工夫次第で思い通りの味わいにできるということ。実践して改めて気付いた、ドリップの奥深い世界。あの幸せな一杯を目指し、コーヒー修業はまだまだ続く……。

 

猿田彦珈琲

東京都渋谷区恵比寿1-6-6 
tel 03-5422-6970
営業 8:00~24:30(土・日・祝日:10:00~24:30)

http://sarutahiko.co

 

*今回使用した豆は猿田彦ブレンド、恵比寿ブレンド、東京 in the HOUSEです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP