ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寒いのはもう嫌! そんなときは、ビーチであったかクリスマス♡

DATE:
  • ガジェット通信を≫


クリスマスは楽しみだけど、寒いのはちょっとニガテ…。でも飲み会の予定はいっぱいだし、セールも初売りのためにお金はキープしたい…。
もう難しいけど、憧れるのはあったか~いクリスマス! こんなクリスマス、いつか過ごしてみたいですよね。

常夏のクリスマスツリーはホタルの光!?


▲思わず「電飾?」と間違えるほどのホタルの群れに感動!
クアラルンプール郊外にあるクアラセランゴール公園では、舟に乗って楽しむ「真夏のクリスマスツリー」と呼ばれる幻想的なホタルの大群の鑑賞ツアーがあります。
ここはマレーシアのなかでも、とくに感動体験ができると日本人に人気のスポット。大きなマングローブの木々に集まる数万匹のホタルの群れは、まるで本物のクリスマスツリーのよう…。
たくさんの小さな光が揺れ動くのを見ていると、せつないほどの美しさと感動を味わえそう。クアラルンプールの年間平均気温は30度前後なので、12月でも常夏気分でクリスマスツリーを楽しめるというワケなんです。

クリスマスディナーはシーフードで決まり♪


▲クアラルンプールはカニで有名~♪
川の周辺のレストランでは海鮮料理を楽しめるサンセットディナーも人気。ピンク色に染まる水面を眺めながら食べるとれたてのシーフードに心も体も癒されそう。
予約は日本語ガイド付きのオプショナルツアーのがオススメです。
薄着のままで楽しめるツリーなら、心も体もあったかくなれそう。来年は、いつもと違うクリスマスを過ごすのもいいですよね。
いまから来年のクリスマスが待ち遠しくなりそう。
Christmas ornamentsFirefliescooked crabs image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
気分は映画のヒロイン。旅を120%楽しむ演出法
コレ持っていってよかった! と思った旅の持ちもの3選
行楽シーズンの秋は、ドライブで楽ちんプチ旅行!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP