ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽生選手がジュニア時代から愛用!ネックレスやソックス等でファイテンとアドバイザリー契約を締結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

羽生結弦選手の胸元に光る、カッコイイネックレスをご存じだろうか。重ね着けされているシーンも多く、どこのブランドのものか気になっている人もいるのでは?

羽生選手が、父親の薦めでRAKUWAネックをはじめて着用したのは8歳の頃。着用するとカラダの感覚が違うことを実感し、それ以来試合でも愛用するようになったという。機能性はもちろん、衣装にコーディネイトできるデザイン性も気に入り、今ではRAKUWAネックを着用して演技をする事が当たり前で、着用しないと落ち着かず演技に影響するほど。

またフィギュアのトップを目指し練習に明け暮れる毎日の中で、羽生選手がこだわったのはソックス。こちらも、着氷時のフィット感と安定感が優れているファイテンの5本指ソックスを愛用。「演技時の感覚が違う」「着氷時の感覚が違う」とオリンピックはもちろん、さまざまな国際舞台で着用している。

そこで、これからもより一層羽生選手のコンディショニングをサポートし、2014年シーズンを共に戦いたいと願うファイテンと羽生選手双方の合意のもと、今月アドバイザリー契約が締結された。契約を結んだのは「RAKUWAネックX100」「RAKUWAネックX50ハイエンドIII」「RAKUWAブレスX100」「ソックス」のカテゴリー。

オンリーワンの技術開発に注力を注ぎ、世界各国で100余りの特許を取得しているファイテンの「技術力」と妥協なき「デザイン」を融合させた商品は、スポーツだけでなく、ビジネスをはじめ、あらゆるフィールドで挑戦し続ける人にぜひ身につけてほしい逸品。詳しくは、ぜひこちら(https://www.phiten.com/hanyu-project/)にアクセスしてほしい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP