ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Action Launcher 3.0がリリース、Material Designに対応、壁紙でUIのカラーリングが変化する新機能も追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chris Lacy さんの Android 用ホームアプリ「Action Launcher」が v3.0 にバージョンアップされました。Action Launcher 3.0 の目玉は、Android 5.0 (Lollipop)で基本の Material Design に対応したことです。ホーム画面は Google Nowr ランチャーのようなデザインで表示されるようになっています。また、このバージョンには新機能として「Quickdrawer」機能が追加されました。これは、Google 検索バーやアプリドロワーの背景色を現在の壁紙のカラーリングに合わせるというもの。より一体感が増すことを狙った機能のようです。Action Launcher 3.0 は無料で利用できますが、Quickdrawer 機能や以前からある Cover・Shutters を含む一部の機能は $4.99 で販売されている「Plus」ライセンスが必要です。$9.99 で Plus ライセンスと寄付をすることもできます。「Action Launcher 3.0」(Google Play ストア)Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
「HTC ギャラリー」がv9.0にバージョンアップ、アプリUIが刷新、タグ付け機能も追加
日本のGoogle Playストアで「Nexus 6 ネイキッド タフ ケース」の販売が開始
クラウドファンディングサイト「IndieGoGo」が公式Androidアプリをリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP