ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界の絶景】圧倒的なブルガリア人の魂の砦「リラ修道院」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ブルガリアという国の名前を聞いて想像するのはどんな事でしょうか?ヨーグルトの国と思われている人も少なからずいらっしゃるかもしれません。

実はブルガリア、香水に使われるローズオイルの世界最大規模の生産地の一つである「バラの谷」があり、バラの谷の中央に位置するカザンラクという街では、バラとローズオイルを祝うバラ祭りが開かれるなど、とても自然豊かな国。

今回は、この自然豊かな国ブルガリアの観光のハイライトの1つといってもいい、ユネスコの世界遺産にも登録された非常に美しいリラ修道院をご紹介します。

首都ソフィアから約2時間半、ブルガリア南西部の人里離れた山の奥深くにリラ修道院はあります。10世紀に創建されたリラ修道院は、ブルガリア正教の総本山として宗教と文化の中心となり、国民の精神的な支えとなってきたそうです。

その理由は、ビザンツ帝国やオスマン・トルコなどの当時の列強と呼ばれる国々の支配を受け続けたブルガリアで、リラ修道院はその信仰を守り通してきたことにあります。

相次ぐ敵の襲来や天災に備えるため、その時代を経るごとに修道院はまるで要塞のような姿になりました。この修道院の歴史そのものが、民族の自立の歴史と重なり合い、現在ではブルガリア人の魂の砦とも呼ばれています。

悠久の歴史の中で、多くのブルガリア人が長い間、心に秘め目指していた民族の自立と国家の独立の夢、修道院はその象徴的存在だったのです。

もしブルガリアを旅行する時は、この地を訪れてみてください。きっとその長い歴史によって研ぎすまされたブルガリアの魂を感じる事ができると思います。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア













カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。