ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラークがサイケデリックなアニメーションによるMVを発表!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラークがサイケデリックなアニメーションによるMVを発表!

〈WARP〉を代表するアーティストのひとり、クラークがこのたび先日リリースされたアルバムから新たなMVを発表した。

いまや〈WARP〉の現在の顔とも言え、果敢な冒険心に満ちた電子音楽を追い続ける、その音楽性はまさにレーベルの精神を最も表しているとも言えるだろう。今年秋にリリースされたアルバム『CLARK』(OTOTOYではハイレゾ版を好評配信中)は、多くのメディアからも高い評価を受けている。今回はこの作品から、「Beacon」のMVが公開された。

ギラギラとしたシンセのアルペジオが印象的な前半から、静寂な後半へと変化する楽曲をアニメーター兼ミュージシャンのMatti Gajekが独自の感覚のアニメーションによって表現している。アルバムのメイン・ヴィジュアルとなっているクラークのシルエットのなかから、生き物や風景など、宇宙の森羅万象をどこか達観した姿勢で眺めているような不思議が立ち現れてくる。その映像は彼の想像力をそのまま表現したかのような感覚で、サウンドとともに立ち上がる様は非常にサイケデリック!
(河村)

・OTOTOYでは、CLARKの『CLARK』はハイレゾ版を好評配信中!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。