ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

円谷特撮ドラマ『怪奇大作戦』が謎解きゲームに! 樹林伸が書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「謎解き体験ミステリー 破裂する電脳 inspired by 怪奇大作戦」/(C)円谷プロ
円谷プロダクションの人気特撮ドラマ『怪奇大作戦』を原作とした参加型体験アトラクション「謎解き体験ミステリー 破裂する電脳 inspired by 怪奇大作戦」が、2015年1月10日(土)から3月29日(日)にかけて開催される。

これは未来屋書店の展開する「未来屋アドベンチャーブック」を購入し、店内の手がかりをもとに、物語内の謎を解きながらストーリーを読み進めていくというイベント。

ストーリーは、『金田一少年の事件簿』などの原作で知られる樹林伸さんが担当している。

書店内に隠された手がかりをもとに謎を解決していく

怪奇大作戦』は、謎の怪奇現象とともに発生する科学犯罪に立ち向かうSRI(科学捜査研究所)たちの活躍を描いた作品。1968年に連続テレビドラマとして放送され大人気を博し、2007年と2013年の2度にわたりリメイクが行われた。

本イベントは、この『怪奇大作戦』を題材としたリアル謎解きゲームとなっており、参加者が実際の店内に隠された手がかりをヒントに物語を読み進めていくという体験型アトラクションとなっている。

ストーリーは、「金田一少年の事件簿」シリーズや『探偵学園Q』など、数多くの推理マンガの原作を手がける樹林伸さんによる書き下ろし。書店内で起こった、人間の脳が内部から破裂するという怪事件の謎を、SRIのメンバーとともに解決していく。

「未来屋アドベンチャーブック」は、イオンモール幕張新都心店(千葉県千葉市美浜区)、イオンレイクタウン店(埼玉県越谷市)、イオンモール名古屋茶屋店(愛知県名古屋市港区)の3店舗にて販売、展開される。

3月30日(月)以降は、全国の未来屋書店で随時展開されていく予定とのこと。詳しい展開時期や店舗は、未来屋書店の公式サイト、Twitterにて告知される。

引用元

円谷特撮ドラマ『怪奇大作戦』が謎解きゲームに! 樹林伸が書き下ろし

関連記事

謎解き展覧会「コナン展」 名探偵コナン連載20周年記念、横浜赤レンガ倉庫でスタート
アニメ『花咲くいろは』がリアル宝探し 石川県・湯涌温泉が舞台
これは戦争だ! 4000人規模の「Ingress」公式イベin東京で何が起きるのか

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP