ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐久間正英が遺したもう一つのプロジェクト「blue et bleu」が1/21リリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年の1月、日本のポップス界を牽引した偉大な音楽プロデューサー佐久間正英が亡くなり、早一年が経とうとしている。

BOØWY、ブルーハーツ、GLAY、JUDY AND MARY、エレファントカシマシ、黒夢、くるりなど数々のロックバンドを手がけてきているのは有名な話だが、自身のアーティスト、ミュージシャンとしての活動もあり、大学卒業後「四人囃子」へのベーシストとしての参加を皮切りに、先鋭的テクノバンド「Plastics」にマルチプレーヤーとして参加。

1999年には当時JUDY AND MARYの活動休止中だったYUKI、Plasticsのアメリカツアー時に親交を持ったケイト・ピアソン(B-52’s)と共にロックバンドNiNaを結成、2002年には佐久間が中心となってビビアン・スー、土屋昌巳、ミック・カーン、屋敷豪太らと「The d.e.p」結成。2003年には自身が憧れていたという元ジャックスの早川義夫とユニット「Ces Chiens」(セ・シアン)結成。また長男の佐久間音哉を含む、若菜拓馬、星山哲也、砂山淳一らと「unsuspected monogram」結成など、アーティスト、ミュージシャン活動も精力的であった。

その佐久間が、自身の還暦を記念するライブイベント「The Party 60」で近々制作に入る予定と発表していた通り、プロデューサーにdip in the pool の木村達司を迎え、これから制作に入り活動して行くはずだったユニットがこの「blue et bleu」である。

「blue et bleu」はVocal“ゆあさみちる”と佐久間正英からなる2人組ユニット。
ゆあさが16歳の時に出場した『高校生ボーカリストコンテスト』にてグランプリを獲得したのが出会いのきっかけ。この大会の会場となった専門学校の特別講師が、後に blue et bleu として共に活動を始める佐久間であり、ゆあさの歌に佐久間は一発で惚れ込む。それ以降、複数の有名プロデューサーからラブコールを受けたゆあさが選んだのが佐久間であった。

blue et bleu はライブを数回行なっており、今作のリード曲でもある「Fall」の Music Video で は希少なライブ映像が使われている。 今作はリリースにあたり佐久間正英と親交があったスタッフで構成されており、blue et bleuのライブを常に撮影し続けた映像ディレクターで『kampsite』プロデューサーでもある川村ケンスケがMVを担当。ジャケット・デザインはビジュアルアーティスト、ミック・イタヤが、マスタリングはエンジニアのオノ・セイゲンがそれぞれ担当している。

今回はAmazonでの初回注文限定特典として、これまでに佐久間正英がネット上に無料公開していた膨大な数の音源の中から今作blue et bleu収録曲のオリジナルにあたる4曲の「Goodnight_to_followers version」を収めたエキストラ音源が付属する。

blue et bleu「blue et bleu」クロスフェード試聴

リリース情報

1st mini album「blue et bleu」
2015年1月21日発売
BZCS-1117 1,667円+税
Amazon予約ページ:http://goo.gl/9quDdI

<収録曲>
1. Fall作詞:佐久間正英/作曲:佐久間正英/編曲:木村達司
2. Dormir作詞作曲:佐久間正英、木村達司/編曲:木村達司
3. Silver moonlight作詞作曲:佐久間正英/編曲:木村達司
4. Overture 作詞:ゆあさみちる/作曲:佐久間正英/編曲:佐久間音哉
5. Close my eyes作詞作曲:佐久間正英/編曲:木村達司

関連リンク

「blue et bleu」WEB sitehttps://www.facebook.com/the.blueetbleu

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP