ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極悪都市ではなく、極楽都市?!のんびりしたくなる中米の観光ビザ取得方法とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グアテマラで4ヶ月間スペイン語を勉強していた大善です。

私が留学も含めて7ヶ月間いたグアテマラは、コーヒーと治安の悪さのイメージしかありませんでした。しかし、実際訪れてみると、古くからのマヤ文化が今も根強く残っており、また豊かな自然に恵まれているので、ゆっくりと滞在したくなるような国です。

他の中米の国、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、ベリーズもそれぞれの魅力を持っており、とても一回の旅では周り切ることのできない地域でもあります。

今回私がご紹介するのは、私のようにスペイン語を長期間で学んで、中米をのんびり旅行される方に必見の観光ビザ事情をお届けします。

日本から中米へはビザは不要


Photo Credit: Edna Bojórquez via Compfight cc

日本からは空路の直行便はないですが、メキシコやアメリカ経由で中米に入国することができます。中米のグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアは中米自由貿易協定(CAFTA)に加盟しており、観光目的であればビザ査証の免除があり、上記4ケ国に滞在できる期間は、1ケ国単位ではなく、4ケ国合わせて90日間以内の滞在が認められています。

陸路で上記4カ国を横断する場合、最初の1カ国目のイミグレーションで入国のスタンプを押されますが、2カ国目からは入国の際のスタンプは押さえることはありません。そしてこの4カ国を抜ける際には出国のスタンプが押されます。入国から出国までの滞在日数90以内であれば、特に手続きもなく観光することが可能です。

スペイン語の語学学校に長期で通いたい、ゆっくり中米を観光したい場合は?


Photo Credit: Abe K via Compfight cc

私も7ヶ月間グアテマラに滞在していたので、計2回の滞在延長手続きへ行かなくてはなりませんでした。更新の方法を、2つご紹介いたします。

(1) 中米自由協定に加盟していない国へ入国する

この方法が一番ポピュラーな方法で、単に国を往復するというものです。ただし、イミグレーションを通過後、72時間はその国で滞在しなければなりません。

メキシコの場合はビザは不要ですので、簡単に入国することができます。しかし、グアテマラの隣国ベリーズへ入国する際は観光ビザが別途必要なので、事前に各国のベリーズ大使館へ行って、ビザを発行しなければなりません。ニカラグアから出国する場合は、コスタリカですので、観光ビザの発行は不要です。

(2) 各国の移民管理局へ行き、滞在延長手続きをする

特に周辺国へ旅行する必要もなく、その国で手続きをすることが出来る方法です。

グアテマラ

滞在延長する場合、グアテマラの首都グァテマラシティの中央移民局にて15ドルを支払い、手続きをすれば、90日間の滞在延長が1回のみ可能となります。

また規定の90日を超え、オーバーステイした場合は、100ケツァル(日本円1400円)に加え、1日につき10ケツァル(140円)が罰金として徴収されます。

エルサルバドル

太平洋に面しているため、絶好のサーフィンスポットとしても有名なエルサルバドル。観光延長手続きは同じく首都サンサルバドルの移民局にて手続きを行うことができます。

ホンジュラス

格安でダイビングライセンスを取得できるホンジュラスの場合は、首都テグシガルパにある移民管理居にて許可申請を行います。許可期間は1ケ月毎の毎月更新で、最長180日まで延長可能です。

ニカラグア

コロニアル調の建物や美しい湖など、多くの見所のあるニカラグア。観光延長手続きは首都マナグアの移民局にて1回30日間、計2回、最長60日までの滞在延長をすることができます。

中米ラテンアメリカにある英語圏「ベリーズ」への入国は?


DaisukeTaniwaki「世界一危険な都市から始まる、カリブ海 〜 マヤ遺跡 〜 原住民の村」より

ベリーズは、カリブ海に面しているリゾート地です。世界遺産にも指定されているブルーホールなどの多数のダイビングスポットがあり、内陸には日本では見ることのできない熱帯の動植物に出会えたり、マヤ文明の遺跡を見ることができるなど、中米の中でも随一の観光大国です。

ベリーズの入国の際には観光ビザが必要です。観光ビザはイミグレーションで取得することもできますが、取得の際は25ドルと証明写真、滞在費の提示が求められます。周辺国の大使館で取得する場合、50ドルの支払いが求められます。日本の大使館で取得する場合、7500円の発行代金が必要で、取得の3ヶ月以内に入国しなければなりません。

いかがでしたでしょうか? 中米と聞くと、治安が悪いというイメージが先行してしまいますが、実際は独自の文化を根強く持っており、自然やリゾートも多くあり、スペイン語も格安で学べますから、どの国ものんびりしたくなります。中米の4カ国(グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア)へはビザは不要で、コスタリカやパナマ、キューバ、ジャマイカなどの国へのアクセスも簡単です。是非のんびり中米を訪れてみてはいかかでしょうか?

(ライター:大善夏実)

*DaisukeTaniwaki「世界一危険な都市から始まる、カリブ海 〜 マヤ遺跡 〜 原住民の村
*Kozue Fujieda「Peru&Bolivia
*Nobuki Arai「この島は植物で作られていた・・。ペルーの浮き島に上陸しちゃった!!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP