ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お酒を飲みながら今年最も再生された曲は? デジタル・ジュークボックスを集計

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お酒を飲みながら今年最も再生された曲は? デジタル・ジュークボックスを集計
2014年も終わりに近づき様々な年間チャートが発表されるなか、デジタル・ジュークボックスの先導者であるTouchTunesが12月10日、北アメリカとヨーロッパにおけるジュークボックスで今年最も再生された楽曲とアーティストを発表した。

2014年の頂点を制したのは、「プレイ・イット・アゲイン」や「ドリンク・ア・ビア」のヒット曲と共に男性から人気のあるルーク・ブライアンだ。この他、トップ10はカントリーとハード・ロックが占拠しており、トップ5はAC/DC、エリック・チャーチ、ジェイソン・アルディーン、レーナード・スキナードとなっている。

一方、楽曲の方ではもう少しジャンルが多様化しており、トップはカントリー・ロッカーであるブラントリー・ギルバートの「ボトムズ・アップ」となっているものの、ケイティ・ペリーの「ダーク・ホース」(feat.ジューシー・J)とファレル・ウィリアムスの「ハッピー」がこれに続くかたちとなった。

さらにジャンル毎の集計でみると、ラップ曲のトップにはイギー・アゼリアとチャーリー・XCXの「ファンシー」、エレクトロニック・ソングのトップにはザ・チェインスモーカーズの「#セルフィー」、そしてロック・ソングでは面白い組み合わせがトップ2にあがっており、1位はロードの「ロイヤルズ」、2位はバックチェリーの「クレイジー・ビッチ」となっている。あまりロック・サウンドではない曲と、明らかにロックではあるものの2005年の曲という両曲が、2014年のロック・ミュージックの上位を飾るユニークな結果となった。

なお、TouchTunesは地域別のチャートも発表しており、米国20の州でブライアンが最も再生されたアーティストとなっているほか、ハワイではサンタナが人気で、ニュージャージーの人々が好きなのはボン・ジョヴィではなくロメオ・サントスだったようだ。

◎TouchTunes | 2014 Year-End Music Charts
http://www.touchtunes.com/2014YearEndCharts/

関連記事リンク(外部サイト)

メリル・ストリープとおとぎ話の主人公らがブロードウェイに集結
ボブ・ディラン 3年振り36作目の新作スタジオALが来年2月4日リリース決定
オールタイム“クリスマスソングTOP30”を米出版者協会が発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。