ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“白の魔法使い”クリストファー・リー(92)がヘヴィ・メタルなクリスマス曲を歌う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 御年92歳の映画界のレジェンドで、『ロード・オブ・ザ・リング』のサルマン役などで知られるクリストファー・リーが、ヘヴィ・メタル・アレンジを施したクリスマスソングを再び発表した。2012年にメタリックなクリスマス・キャロル「Jingle Hell」で米ビルボード・チャート史上最年長チャートイン歌手となったリーは、以前、イタリアのヘヴィ・メタル・バンド、ラプソディー・オブ・ファイアの曲に参加したことがある。

 「天には栄え(Hark! The Herald Angels Sing)」を改変した「Darkest Carols, Faithful Sing」というタイトルの最新メタル・クリスマス曲のプレビューが、現在YouTube(Christopher Lee. ‘Darkest Carols, Faithful Sing’ (2014))で試聴できる。曲の始まりは、過去にリーが「ジングル・ベル」や「きよしこの夜」などをメタリックにしたクリスマス曲を少しばかり彷彿とさせる。

 iTunesでは、「Darkest Carols, Faithful Sing」の異なる3バージョンが収録されているシングルを販売している。

 なお、リーの出演している映画『ホビット 決戦のゆくえ』は、12月17日に全米で公開(日本は13日)される。

◎Christopher Lee. ‘Darkest Carols, Faithful Sing’ (2014)
https://www.youtube.com/watch?v=-TnFIDKyX50#t=49

関連記事リンク(外部サイト)

メリル・ストリープとおとぎ話の主人公らがブロードウェイに集結
ボブ・ディラン 3年振り36作目の新作スタジオALが来年2月4日リリース決定
オールタイム“クリスマスソングTOP30”を米出版者協会が発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP