ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『CD&DLでーた』発表の2014年1番思い出に残っている曲、1位は松たか子「レット・イット・ゴー~ありのままで~」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』は、10~60代の男女を対象とした、「2014年1番思い出に残っている曲」ランキングを発表した(調査期間:2014年11月10日~11日、有効回答者数:3087人)。

総合ランキング1位は、「レット ・イット ・ゴー~ありのままで~」(松たか子)。大ヒット映画『アナと雪の女王』劇中歌。多くの人に歌われた楽曲で、映画もサウンドトラックも大ヒット。今回の調査でも、女性を中心に、幅広い層の圧倒的な支持を集めた。

ランキングの3位には、May J.によるエンドロール版もランクインしており、まさに2014年を象徴する楽曲のひとつであるといえる。

そして総合2位は、「麦の唄」(中島みゆき)。これも話題となっている朝の連続テレビ小説「マッサン」の主題歌で、特に60代からの高い得票を集めた。

全体的な傾向として、2014年はヒットした映像作品のテーマ楽曲がその作品とともに人々の心に残ったというケースが目立った。寄せられたコメントの多くも、その作品の思い出にまつわるものだという。

以下、総合5位「ひまわりの約束」(秦基博)は3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌、7位の「にじいろ」(絢香)はやはり朝の連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌、10位の「ゲラゲラポーのうた」(キング・クリームソーダ)と17位の「ようかい体操第一」(Dream5)は、ともにアニメ「妖怪ウォッチ」のオープニング&エンディングテーマ。

また、映像作品ではないが、14位の「オモイダマ」(関ジャニ∞)は「熱闘甲子園」、15位の「NIPPON」(椎名林檎)はサッカー関連番組と、どちらも強く印象に残るイベントのテーマソングとなっていた。

そのほかの楽曲では、「東京VICTORY」(サザンオールスターズ)が総合6位にランクイン。1年ぶりのニューシングルとあって、“久々の新曲でうれしい”といったコメントをはじめ、“元気がでる・素晴らしい応援ソング”といったコメントが寄せられた。

さらに9位には、まさに“聴くだけでハッピーになれる”という「ハッピー」(ファレル・ウィリアムス)がランクイン。日本のマーケットではしばらく洋楽が低迷していたが、こういった楽曲勝負の作品も上位に挙がってきている。

また、18位の「ローラの傷だらけ」(ゴールデンボンバー)では、昨今のCDプロモーション手法の柱でもある「特典」の類を一切廃したことでも話題となった。

あなたが今年1番思い出に残っている曲は? 総合ランキングTOP20

順位 曲名 アーティスト名 1 レット・イット・ゴー~ありのままで~ 松たか子 2 麦の唄 中島みゆき 3 レット・イット・ゴー~ありのままで~ May J. 4 GUTS! 嵐 5 ひまわりの約束 秦基博 6 東京 VICTORY サザンオールスターズ 7 にじいろ 絢香 8 Dragon Night SEKAI NO OWARI 9 ハッピー ファレル・ウィリアムス 10 ゲラゲラポーのうた キング・クリームソーダ 11 心のプラカード AKB48 12 ラストシーン JUJU 13 Darling 西野カナ 14 オモイダマ 関ジャニ∞ 15 NIPPON 椎名林檎 16 何度目の青空か? 乃木坂46 17 ようかい体操第一 Dream5 18 ローラの傷だらけ ゴールデンボンバー 19 R.Y.U.S.E.I. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 20 他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS 一青窈

関連リンク

エンターブレイン オフィシャルサイトhttp://www.enterbrain.co.jp/
音楽情報誌『CD&DLでーた』http://www.cddata-mag.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP