ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

12月に多いスマホの紛失 万が一の対策を専門家がアドバイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月にモバイルセキュリティ企業のLookoutが発表した報告書「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情」(18歳以上のスマートフォン所有者1000名対象)によると、日本人の5人に1人がスマホを紛失した経験があり、そのうちの44%が「データを取り戻すために払ってもいいと思う金額」を5万円と回答。40%弱が「10万円払っても取り戻したい」と回答する人も。また、同報告書では、紛失したスマホを取り戻すことができなかった人が11%、18~24歳の若年層ほど紛失頻度が高いといった、「落としスマホ」に関するさまざまな統計や傾向について紹介している。

 他のデータをチェックしてみると、警視庁新宿警察署の調べでは、平成24年の遺失届受理件数のうち、携帯電話類は3位で1万1044件。1位の証明書類3万5598件と比較すると3分の1以下だが、2位の財布類1万1981件と並んで、かなりの割合を占める。新宿警察署管内だけで、これだけ多くの落としスマホの届け出が受理されているとすれば、都心部だけでも相当な件数に上ることは想像に難くない。そう考えると落としスマホは、誰にでも起き得るトラブルのひとつといえるだろう。

 スマホに限らず、携帯電話には友人・知人のほか、取引先の個人情報が入っていたり、昨今はスマホでネットバンキングやネットショッピング・金融取引などを行なっている人も多く、取り戻せなかった際の手続きに多大な手間がかかる上に、悪用された場合のダメージは計り知れない。仕事に関する情報を扱うPCのセキュリティと同様に、落としスマホが大きな責任問題になる可能性もある。

 もちろん、紛失しないのが1番良いが、万が一に備えたリスクヘッジを充分しておくことも、重要だろう。そこで落としスマホ対策のエキスパートでKDDIのパーソナルサービス企画部・梶利津子さんに、紛失・盗難に伴うトラブルを最小限にとどめる方法について教えてもらった。

■12月は落としスマホ要注意の月

 まずスマホの紛失が多い時期というのは、あるのだろうか?

「キャリアによって異なるかもしれませんが、auのお客さまセンターには、年間を通して携帯電話、スマートフォン紛失に関するお問い合わせや紛失時の位置検索や緊急通話停止についてのお問い合わせがあります。お問い合わせの全てが『落としスマホ』に起因するものではありませんが時期としては、12月や3月、7月や8月といった時期にお問い合わせが増える傾向にあり、少ない時期と比べて1.4倍ほどになることもあるようです。年末や年度末は飲酒の機会が増えること、夏にはアウトドアレジャーやイベントの機会が増えることが影響しているのではないかと想定しています」(梶さん)

 まさに今の時期は、落としスマホの要注意のタイミング。パーティシーズンに、連絡がつかないため友達と合流できない。年末の仕事が忙しいタイミングに、スムーズに連絡が取れない――想像すると、かなり残念な展開だ。

■まずは基本のセキュリティ対策を

 EMCジャパンが発表した世界規模で行なわれた調査によると、日本人スマホユーザーの64%がパスワードを設定しておらず、調査対象となった15の国や地域の中で最下位だったという。

「日本のスマホユーザーのスマホ紛失時のデータ保護などのプライバシー意識が低い現状が明らかになっています。とても基本的なことですが、スマートフォンにはロックをかける習慣をつけていただくことが、重要だと思います。ロックの解除が面倒だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、端末に保存したさまざまな大切な情報やデータを守るために必要不可欠です」(梶さん)

■万が一のために、やっておくべきこと

 では紛失や盗難への備えとして、どういう対応をしておけばいいのだろうか?

「落としスマホをした際、離れた場所にいてもパソコンなどからロックをかけたり、スマホの位置を検索できるアプリなどを事前にインストール・設定しておくと、紛失時のリスクを減らすことができます。こういったアプリやサービスは数多くありますし、auでも『故障・盗難・紛失にそなえて』といったページで、万が一の備えを案内しています。

 ただ、紛失のショックや焦りからうまく操作できないことや、紛失した際、手元に別のスマホやパソコンがあるとは限らないですよね。そうした時のために、auでは電話一本でオペレーターがお客さまに代わって失くしたスマホの位置検索やロックをかける機能を備えた『Lookout for au』というサービスもご提供しています」(梶さん)

 前出の報告書でも、落としスマホをした人のうち11%が失ったスマホを取り戻せていない。こうした最悪のケースにも、備えることはできるのだろうか?

「スマホを紛失した際に、全てのデータを失ってしまう――といった事態を避けるため、日頃からこまめにデータのバックアップを取ることをオススメしています。スマホで撮影した写真、ダウンロードした音楽や電話帳をご自身のスマホからmicro SDカードなどの各種記録媒体に移し、スマートフォンから抜いて手元に保管しておくことや、セキュリティの確保されているクラウドサーバーなどインターネット上に預けておくことで、万が一スマホを紛失した際にも、バックアップしたデータを別のスマホに移すことが可能です」(梶さん)

“クラウドサーバーにバックアップとか、よくわかんない”といった人でも、予備のmicro SDカードを買ってデータ保存したものを保管する形なら、スマホなど端末の基本機能で簡単にバックアップデータを確保できる。年忘れに楽しく羽目を外す前に、大事なデータを失くさないよう、リスクヘッジもしっかりしておきたい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スマホで撮った写真をPCに自動転送するサービスが現在無料
格安スマホとキャリア新料金プランの注意点を専門家が解説
電話、メール、ネットだけで満足な人でも スマホが良い理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP