ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android用カメラアプリ「Camera FV-5」がAndroid 5.0(Lollipop)のRAW撮影やシャッタースピードの調節、マニュアルフォーカスに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一眼レフデジカメのようなファインダーディスプレイや豊富な写真パラメータ設定機能を備えた高機能な Android 用カメラアプリ「Camera FV-5」が v2.31 にアップデートされ、Android 5.0 (Lollipop)で追加された新しいカメラ機能をサポートしました。今回のアップデートで可能になったのは、RAW 撮影の生データを DNG フォーマットで記録すること、シャッタースピードを手動で調節すること、マニュアルフォーカスモード、露光パラメータ(シャッタースピードとISO 値)をリアルタイムにファインダー上に表示することです。RAW 画像の記録に対応したことで、Android のカメラで撮影した生データに PC の写真加工ソフトを利用して補正や加工を加えることが可能になりました。また、カメラが好きな方はシャッタースピードを手動で調節して撮影することも多いと思うのですが、それも今回のアップデートで可能になったので、より露光を調節しやすくなりました。「Camera FV-5」(Google Play ストア)※ 320 円の有料アプリです。


(juggly.cn)記事関連リンク
Android WearのAndroid 5.0アップデートが来週より実施、市販されている全機種が対象
米国のGoogle Playストアで「Project Tango タブレット開発キット」の販売が開始
Chromecastの公式Androidアプリがv1.9.6にアップデート、アプリUIがMaterial Design化、ゲストモードも追加

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP