ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

信号待ちもこれで楽しく!クラウドファンディング中の面白プロジェクトが話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

信号待ちをしている間に、ちょっと気がまぎれるようなゲームでもできたら…そんな歩行者のちょっとした想いを具体化させようという試みが、現在、海外の人々の間で注目を集めている。

海外のクラウドファンディング「Indiegogo」で現座資金調達中、実用化が進められている「ActiWait」という名のこの装置は、従来の歩行者用のボタンにタッチスクリーンを接続、簡単なゲームをできるようにするというもの。しかも、信号を隔てた反対側でプレイする人がいれば、対戦ゲームとしても機能するのだという。

【動画】http://youtu.be/OMskFU9HmNQ

現在、35000ユーロ(約520万円)を目標に、資金調達を行っているこのプロジェクト。実用化され、世界的に普及すれば、いつまでも反対側に渡ろうとせず、信号機周辺に行列ができてしまうのでは?と心配する声もあがっているが、アイディアとしては実に興味深いものであるだけに、彼らのプロジェクトが無事に成就するよう、期待したいところである。

文・山田浩一

【参照リンク】
ActiWait Crowdfunding-Video [StreetPong goes on..]
http://youtu.be/OMskFU9HmNQ 

関連記事リンク(外部サイト)

見なきゃ本当に損!SMAP最新ツアー公演の凄すぎる登場演出と、登場の歴史
環境保護団体グリーンピース、度を超す ナスカの地上絵に巨大メッセージ→批判殺到
信号待ちもこれで楽しく!クラウドファンディング中の面白プロジェクトが話題
謎トレンド「自撮り狩り」にネット上から「そっちかよw」「流行ってないしw」
ケンタの新作フィッシュサンドに「これが欲しかった!」「やっぱケンタやね」と賞賛の嵐

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP