ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromecastの公式Androidアプリがv1.9.6にアップデート、アプリUIがMaterial Design化、ゲストモードも追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が HDMI メディアストリーミングデバイス「Chromecast」の公式 Android アプリを v1.9.6 にアップデートしました。今回のアップデートで、アプリ UI が Material Design 化され、Android 5.0 (Lollipop)を搭載した端末では、ステータスバーやアプリ履歴のタイトルにブルーの色が付くようになりました。スライドメニュー上のアイコンやテキストのデザインも新しくなっています。また、今回のアップデートでは新機能として「ゲストモード」も追加されました。これは、Google が今年の Google I/O で発表した同一 Wi-Fi ネットワーク上にいなくても Chromecast を利用できるようにする機能のことです。Chromecast アプリでゲストモードを ON にすると、Chromecast を接続したテレビから可聴域外の音波に乗って PIN コードがブロードキャストされ、それを聞いた Android端 末は Chromecast とペアを組むことができ、メディアをストリーミングできるようになります。このほか、画面の表示内容をミラーリングできる「画面のキャスト」機能が Android 4.4.2 以上を搭載した全機種に開放されました。「Chromecast」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
米国のGoogle Playストアで「Project Tango タブレット開発キット」の販売が開始
Google、Nexus 4とNexus 6のAndroid 5.0.1 (LRX22C)ファクトリーイメージを公開
曲名検索アプリ「Shazam」のAndroid版がv5.1.1にアップデート、ホーム画面がリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP