ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、SmartWatch 3のファームウェアアップデートを開始、公式ウォッチフェイスAPIに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile は 12 月 11 日、Android Wear スマートウォッチ「SmartWatch 3」に対して、本日よりアップデート版ファームウェアの提供を開始したと発表しました。今回のアップデートにおける変更内容は、Google が同日発表した公式ウォッチフェイス API への対応です。アップデート後は、Google Play ストアの「時計面」コーナーで配布されているウォッチフェイスアプリを SmartWatch 3 に適用できるようになります。アップデートは自動的に配信されることになっています。SmartWatch 3 の「設定」→「端末情報」→「システムアップデート」でチェックできますが、配信されていない場合は「最新の状態です」と表示されます。Source : Sony Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android Wearのウォッチフェイスを作成・カスタマイズできる公式APIの提供を開始
Google Nexus 6がGoogle Playストアとワイモバイルで発売開始、Google Playストアはすぐに完売
モジュール型スマートフォン「Vsenn」は複数のOSをサポート

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP