ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

死体を運んだ警察官の手当てって法令で決まっている?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 日々町の治安を守るために活躍する警察官。さて、そんな警察官たちは重大犯罪事件にも遭遇します。そして、歓迎は出来ませんが、死体を運搬したりするケースもあります。

 では、こうした死体運搬に携わった警察官の手当ては法令で決まっているでしょうか?

(1)決まっていない。状況に応じて金額が支給される
(2)一般的に条例で決まっている

A.

正解(2)一般的に条例で決まっている

 警察官のさまざまな「手当て」は、一般的に条例をはじめとする法令で決まっています。
 例えば、大阪府では直接死体を取り扱う業務に従事した場合、1600円。損傷のひどい死体を扱った場合は3200円と定められています。その他、警ら(パトロール)の手当てや、爆発物処理の手当てなどなど。網羅的に金額が設定されています。
 ところで、損傷のひどい死体で3200円は、、、安いのではないでしょうか?

元記事

死体を運んだ警察官の手当てって法令で決まっている?

関連情報

正社員と契約社員の待遇の違いは許されるの?(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
退職時に未払いの残業代と、有給休暇の買い取りを請求できるか?(なっとく法律相談)
交通費の領収書(税金)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP