ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外で話題の「屋内スカイダイビング」がついに日本上陸!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロシアやドイツで話題の、空飛ぶ体験ができる屋内スカイダイビング施設「FlyStation(フライステーション)」が初上陸する。

世界最先端技術を用いた、日本初の民間人用“ウィンドトンネル装置”のなかで、牽引器具を一切使用しないフライト体験ができるという。

ウィンドトンネルは、トンネル内の空気を強力なファンとして動かすことで、気流がコーナベーンで屈折し、下からフライトゾーンへと非常に滑らかに入っていく。

その作用を利用すれば、なかに入った人間は空中飛行が可能になるそう。

このアクティビティは、4歳以上であれば子どもでも、専用スーツとヘルメットを付けてスカイダイビングを体験することができる。

ウィンドトンネルには、経験豊富なインストラクターが一緒に入り、入念な準備訓練を行うため、誰でも簡単に飛べるそうだ。

日本1号店は2015年末を予定。すでにオフィシャルサイトが公開されているので、興味を持った方はさっそくチェックしてみては?

FlyStation Japan
http://www.flystation.jp/

スポーツ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP