ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「年金氷河期の到来」 2015年度から受給額も実質的な低下確実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年度から、年金額(受給額)が実質的に下がることがほぼ確実になった。しかもアベノミクスが目標とする「デフレからの脱却」が達成されれば、年金額が下がり続ける可能性がある──。

 いったい、どういうことなのか。厚生労働省は2014年6月、年金の財政検証の結果を発表した。財政検証とは5年に1度行われる“年金の健康診断”というべきもので、年金財政の長期的な見通しのもと、将来の年金額がいくらになるのか世代別に詳しく記されている。その財政検証で、2015年度から年金額を毎年減らしていくプランが明記されているのだ。「年金博士」として知られる社会保険労務士の北村庄吾さんが解説する。

「年金財政の危機に対し、これまで政府は保険料を増額し、現役世代の負担を増やして対応してきました。しかしそのやり方はもう限界で、年金額を減らし高齢者にも負担を求めることになったのです」

 もともと、年金額の決定には物価の上昇に連動して年金額が増加する「物価スライド」が採用されていたが、2004年からは物価の伸びより年金の伸びを抑え、実質的に減額する(物価は上がっても年金額はそれほど上がらない)「マクロ経済スライド」が導入された。

「といっても、導入後はデフレが続き、物価は下がり続けていたため『マクロ経済スライド』は一度も発動されなかったのです。しかし、アベノミクスによって物価が上昇。2015年度初めて発動されることが確実になりました。さらに厚労省はデフレ下でも適用する案を検討中です」(北村さん)

 北村さんによれば、実質的に毎年およそ1%ずつ年金が目減りするという。アベノミクスではインフレ目標を2%に設定している。

「仮に物価が2%上がったとき、年金額は1%あがる。年金額が増加しているように思えますが、物価の上昇率に比べれば1%少ないので実質的に減額です」(北村さん)

 厚労省のモデルケースでは、現在月額20万円の年金を受け取っている人は仮に計算すると実質月2000円の減額、年2万4000円の減額となる。それが続けば、10年後には現在よりも約20万円も目減りする計算だ。

 まさに、「年金氷河期の到来」である。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年金70歳受給開始で現在50歳の会社員は1197万円減額の試算
安倍首相が幹事長時代に仕組んだ年金カット 10年越し実現へ
夫婦2人の標準的年金月額 約23万円が22.5万円に引き下げへ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。